電子書籍 監査役 野崎修平 銀行大合併編 マンガ

完結
原作: 周良貨  漫画: 能田茂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

監査役 野崎修平 銀行大合併編 1 あらすじ・内容

監査役は、会社全体の会計及び業務を監査する役職である。あおぞら銀行監査役の野崎修平は、行内のあらゆる不正にメスを入れ、銀行の信頼回復のため邁進していた。そして今、あおぞらの負の遺産を清算せずに合併を進める頭取に対して、野崎が新たな戦いを決意する!!

この作品を共有
  

「監査役 野崎修平 銀行大合併編」最新刊

三行合併の弊害は、新銀行発足時のシステム障害にとどまらず、各方面から合併の不協和音が湧き上がる。方向性の見えない合併に対して旧あおぞら銀行の現場サイドからは「合併解消、あおぞら離脱」の声も。行員たちの声を受け止めた野崎が、一つの決断を下すが!?

「監査役 野崎修平 銀行大合併編」作品一覧

(4冊)

各480円 (+税)

まとめてカート

監査役は、会社全体の会計及び業務を監査する役職である。あおぞら銀行監査役の野崎修平は、行内のあらゆる不正にメスを入れ、銀行の信頼回復のため邁進していた。そして今、あおぞらの負の遺産を清算せずに合併を進める頭取に対して、野崎が新たな戦いを決意する!!

あおぞら・よつば・ひかりの3行合併に向けた準備が本格化。各行とも新銀行での主導権を握るため、各分野における自行の優位性を主張。準備は混乱を極める。中でも新銀行の基幹システムに関して、ひかりが自行のシステムを使うことに執着し事態は紛糾するが…!?

三行合併に向けシステム統合の作業に追われるシステム開発部で、システムエラーが不可避となる事態が発生。合併まで60日を切り、エラー回避は絶望的な状況ながらも、上層部はシステム統合を強行すると断言。野崎は、できる限りの対策をとるため奔走するが…!?

「監査役 野崎修平 銀行大合併編」の作品情報

レーベル
ヤングジャンプコミックスDIGITAL
出版社
集英社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ ビジネス MANGAオールマン
ページ数
210ページ (監査役 野崎修平 銀行大合併編 1)
配信開始日
2015年5月1日 (監査役 野崎修平 銀行大合併編 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad