電子書籍 マシュマロデザートの罠(エロティカ・アモーレ) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マシュマロデザートの罠 あらすじ・内容

ここは高級レストランの厨房──
絶叫はだめ。指を噛んで堪えなくちゃ。

私はジェイクのガールフレンドだけれど、彼の“所有物”でもある。
クローゼットは彼好みのぴらぴらした面積の小さい服で埋め尽くされ、
下着をつけずに外出して、お巡りさんの前で後ろを向いて屈まさせられたり、
パーティでいやらしそうなおじさんを挑発させられたりするの。
ジェイクは、ほかの男が私に欲情するのを見るのが大好きだから……。
ある夜、私たちはジェイクの友人が経営する高級レストランに行った。
ところが、まだ料理が運ばれてもいないうちにジェイクに仕事の電話がかかってきて、
私は置いてきぼりに。仕方なくひとりで美味しい料理をいただいたのだけれど、
携帯もお財布も持っていないことを思い出したのは、すっかり平らげてしまったあと!
慌てて謝る私に、要求された“支払い”は――。

  • シェア:

「マシュマロデザートの罠(エロティカ・アモーレ)」最新刊

ここは高級レストランの厨房──
絶叫はだめ。指を噛んで堪えなくちゃ。

私はジェイクのガールフレンドだけれど、彼の“所有物”でもある。
クローゼットは彼好みのぴらぴらした面積の小さい服で埋め尽くされ、
下着をつけずに外出して、お巡りさんの前で後ろを向いて屈まさせられたり、
パーティでいやらしそうなおじさんを挑発させられたりするの。
ジェイクは、ほかの男が私に欲情するのを見るのが大好きだから……。
ある夜、私たちはジェイクの友人が経営する高級レストランに行った。
ところが、まだ料理が運ばれてもいないうちにジェイクに仕事の電話がかかってきて、
私は置いてきぼりに。仕方なくひとりで美味しい料理をいただいたのだけれど、
携帯もお財布も持っていないことを思い出したのは、すっかり平らげてしまったあと!
慌てて謝る私に、要求された“支払い”は――。

「マシュマロデザートの罠(エロティカ・アモーレ)」の作品情報

レーベル
エロティカ・アモーレ
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
ジャンル
文芸・小説 恋愛
ページ数
22ページ (マシュマロデザートの罠)
配信開始日
2023年9月13日 (マシュマロデザートの罠)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。