電子書籍 熱すぎた満員電車(エロティカ・アモーレ) 文芸・小説

著: アシュリー・ハインド  訳: 西間玲 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

熱すぎた満員電車 あらすじ・内容

「おまえの汁をその女に塗りつけろ」
欲情したカップルのプレイに巻き込まれて、
Tバックの細い紐は、もうびしょ濡れ…。

エアコンの効いていない真夏の満員電車ほど、気が滅入るものはない。
汗で張りつく薄いワンピースや、ヒールの靴が不快極まりない。
ぽってりと厚めのあそこに食い込む、細いTバックも気に障る……。
ふと気づくと、私は外国人のカップルに挟まれる恰好で立っていた。
前の女は私と向かい合って立ち、電車が揺れる度、彼女の大きな胸がぐいぐい押しつけられる。
なんだか変な気分になってくる。乳首が刺激されて、薄手のブラの中で固くなるのがわかる。
と、電車が大きく揺れ、のしかかってきた後ろの男が体勢を戻したとき、
私の腰には、まぎれもない固いものが押しつけられていた。はっとして見下ろすと、
それは私のスカートの中をくぐってきて、太腿の間からぬらぬら光る先端を覗かせている。
前に立つ女がそれをつかみ、私のあそこに押しつけると、前後に動かし始めた――。

  • シェア:

「熱すぎた満員電車(エロティカ・アモーレ)」最新刊

「おまえの汁をその女に塗りつけろ」
欲情したカップルのプレイに巻き込まれて、
Tバックの細い紐は、もうびしょ濡れ…。

エアコンの効いていない真夏の満員電車ほど、気が滅入るものはない。
汗で張りつく薄いワンピースや、ヒールの靴が不快極まりない。
ぽってりと厚めのあそこに食い込む、細いTバックも気に障る……。
ふと気づくと、私は外国人のカップルに挟まれる恰好で立っていた。
前の女は私と向かい合って立ち、電車が揺れる度、彼女の大きな胸がぐいぐい押しつけられる。
なんだか変な気分になってくる。乳首が刺激されて、薄手のブラの中で固くなるのがわかる。
と、電車が大きく揺れ、のしかかってきた後ろの男が体勢を戻したとき、
私の腰には、まぎれもない固いものが押しつけられていた。はっとして見下ろすと、
それは私のスカートの中をくぐってきて、太腿の間からぬらぬら光る先端を覗かせている。
前に立つ女がそれをつかみ、私のあそこに押しつけると、前後に動かし始めた――。

「熱すぎた満員電車(エロティカ・アモーレ)」の作品情報

レーベル
エロティカ・アモーレ
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
ジャンル
文芸・小説 恋愛
ページ数
22ページ (熱すぎた満員電車)
配信開始日
2023年9月13日 (熱すぎた満員電車)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。