電子書籍 排除と抵抗の郊外(東京大学出版会) 実用

著: 森千香子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容 あらすじ・内容

第16回大佛次郎論壇賞、第33回渋沢・クローデル賞受賞!
2015年パリ同時多発テロ以来、注目を集める「ホームグロウン」の若者たち。そのような移民・マイノリティの若者が集住する「郊外」はどのように形成されたのか。「郊外」を起点にフランス主流社会とマイノリティの亀裂をたどり、暴力の背後にある排除と抵抗の実態にせまる。

【序章「フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う」より】
「しかしこの悲劇(出版社注:2015年パリ同時多発テロ)は「グローバル・テロリズム」とそれに抵抗する「民主主義」というような図式には容易に収まりきらない背景を持っている。それは過去30年にわたって深まってきた、フランスの主流社会と移民・マイノリティの間の亀裂である。実行犯の多くは、ヨーロッパで生まれ育った「ホームグロウン」のエスニック・マイノリティの若者たちであった。彼らをこのような暴力へと向かわせる社会構造とはいったい何なのだろうか。
本書は、フランスで現在「紛争」と化している事態を、マジョリティとマイノリティの間にある「亀裂」という角度から考察していくものである。」


【主要目次】
序章 フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う
1 フランスの移民統合の理想と現実――OECDの比較調査から
2 移民からエスニック・マイノリティへ――呼称変化とアプローチの転換
3 郊外「セーヌ・サン・ドニ県」への注目

1章 フランス郊外研究の視座――空間と結びついたマイノリティの差別と排除
1 日本とは異なる郊外像
2 モラル・パニックとメディア、政治空間
3 先行研究における「郊外」の位置づけ
4 本書の枠組み――差別、排除、レイシズム
5 本書の方法と構成

2章 多様化する郊外とマイノリティ
1 「移民」と「郊外」の関係を整理する
2 郊外をめぐる複数の空間的アプローチ
3 「移民」と居住の多様化――中産階級の台頭
4 「移民」カテゴリー内部における分極化の進行――郊外貧困地区の状況の悪化と時間的変化
5 「郊外問題地区」の類型化とセーヌ・サン・ドニ県の事例

3章 排除空間の形成と国家の役割――フランス的例外か?
1 「マイノリティ集住地区」としての郊外はどのように形成されたのか
2 工業地区の郊外
3 団地の郊外
4 移民の郊外
5 結びにかえて――排除空間としての郊外と国家

4章 「赤い郊外」の変容と都市政策の展開
1 問題設定
2 「都市政策」の誕生と展開
3 脱工業化のインパクトと「赤い郊外」の変容
4 市政と住民をつなぐ新たな媒介の模索
5 「都市問題」という解読格子の誕生と定着
6 階級問題から「都市問題」へ――「赤い郊外」における解読格子の変化

5章 再生事業と住民コミュニティへの影響
1 地域社会の底上げか、下層マイノリティの排除か?
2 「ソーシャル・ミックス」の評価
3 住民はどこに行ったのか?
4 「ミックス」の実情と課題
5 都市政策と地域社会の再編

6章 郊外マイノリティの多様な抵抗
1 エスニック・マイノリティの若者たちをめぐる参加と抵抗
2 アソシエーション活動を通した抵抗――文化表現から政治活動へ
3 問題化される「参加」――ラップの事例
4 おわりに

7章 風刺新聞社襲撃事件と「見えない断絶」――フランス統合モデルの限界・弊害とマイノリティの疎外
1 追悼デモに来なかった「郊外の住民」たち
2 事件直後の「郊外の住民」の反応
3 「テロ対策」としての3つの改革――治安、教育、郊外
4 カラー・ブラインド原則とその実態――まなざしの人種化
5 文化的統合の深化と(それゆえの)問題化というパラドクス
6 ダブル・スタンダードが生み出す問題
7 プラグマチークな解決にむけた道のり

終章 脱領域的なマイノリティ研究をめざして
1 亀裂を生じさせる二重の「乖離」
2 郊外の比較社会学に向けて――変容する日本の郊外へのまなざし
3 「客観性」としてのマイノリティの視座

文献一覧
あとがき
地名・人名索引
事項索引

  • シェア:

「排除と抵抗の郊外(東京大学出版会)」最新刊

第16回大佛次郎論壇賞、第33回渋沢・クローデル賞受賞!
2015年パリ同時多発テロ以来、注目を集める「ホームグロウン」の若者たち。そのような移民・マイノリティの若者が集住する「郊外」はどのように形成されたのか。「郊外」を起点にフランス主流社会とマイノリティの亀裂をたどり、暴力の背後にある排除と抵抗の実態にせまる。

【序章「フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う」より】
「しかしこの悲劇(出版社注:2015年パリ同時多発テロ)は「グローバル・テロリズム」とそれに抵抗する「民主主義」というような図式には容易に収まりきらない背景を持っている。それは過去30年にわたって深まってきた、フランスの主流社会と移民・マイノリティの間の亀裂である。実行犯の多くは、ヨーロッパで生まれ育った「ホームグロウン」のエスニック・マイノリティの若者たちであった。彼らをこのような暴力へと向かわせる社会構造とはいったい何なのだろうか。
本書は、フランスで現在「紛争」と化している事態を、マジョリティとマイノリティの間にある「亀裂」という角度から考察していくものである。」


【主要目次】
序章 フランス主流社会とマイノリティの亀裂を問う
1 フランスの移民統合の理想と現実――OECDの比較調査から
2 移民からエスニック・マイノリティへ――呼称変化とアプローチの転換
3 郊外「セーヌ・サン・ドニ県」への注目

1章 フランス郊外研究の視座――空間と結びついたマイノリティの差別と排除
1 日本とは異なる郊外像
2 モラル・パニックとメディア、政治空間
3 先行研究における「郊外」の位置づけ
4 本書の枠組み――差別、排除、レイシズム
5 本書の方法と構成

2章 多様化する郊外とマイノリティ
1 「移民」と「郊外」の関係を整理する
2 郊外をめぐる複数の空間的アプローチ
3 「移民」と居住の多様化――中産階級の台頭
4 「移民」カテゴリー内部における分極化の進行――郊外貧困地区の状況の悪化と時間的変化
5 「郊外問題地区」の類型化とセーヌ・サン・ドニ県の事例

3章 排除空間の形成と国家の役割――フランス的例外か?
1 「マイノリティ集住地区」としての郊外はどのように形成されたのか
2 工業地区の郊外
3 団地の郊外
4 移民の郊外
5 結びにかえて――排除空間としての郊外と国家

4章 「赤い郊外」の変容と都市政策の展開
1 問題設定
2 「都市政策」の誕生と展開
3 脱工業化のインパクトと「赤い郊外」の変容
4 市政と住民をつなぐ新たな媒介の模索
5 「都市問題」という解読格子の誕生と定着
6 階級問題から「都市問題」へ――「赤い郊外」における解読格子の変化

5章 再生事業と住民コミュニティへの影響
1 地域社会の底上げか、下層マイノリティの排除か?
2 「ソーシャル・ミックス」の評価
3 住民はどこに行ったのか?
4 「ミックス」の実情と課題
5 都市政策と地域社会の再編

6章 郊外マイノリティの多様な抵抗
1 エスニック・マイノリティの若者たちをめぐる参加と抵抗
2 アソシエーション活動を通した抵抗――文化表現から政治活動へ
3 問題化される「参加」――ラップの事例
4 おわりに

7章 風刺新聞社襲撃事件と「見えない断絶」――フランス統合モデルの限界・弊害とマイノリティの疎外
1 追悼デモに来なかった「郊外の住民」たち
2 事件直後の「郊外の住民」の反応
3 「テロ対策」としての3つの改革――治安、教育、郊外
4 カラー・ブラインド原則とその実態――まなざしの人種化
5 文化的統合の深化と(それゆえの)問題化というパラドクス
6 ダブル・スタンダードが生み出す問題
7 プラグマチークな解決にむけた道のり

終章 脱領域的なマイノリティ研究をめざして
1 亀裂を生じさせる二重の「乖離」
2 郊外の比較社会学に向けて――変容する日本の郊外へのまなざし
3 「客観性」としてのマイノリティの視座

文献一覧
あとがき
地名・人名索引
事項索引

「排除と抵抗の郊外(東京大学出版会)」の作品情報

レーベル
――
出版社
一般財団法人東京大学出版会
ジャンル
実用 学問 社会
ページ数
481ページ (排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容)
配信開始日
2023年9月1日 (排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。