電子書籍 起業力 課題ドリブンでビジネスを考える(幻冬舎メディアコンサルティング) 実用

著: 佐藤堅一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

起業力 課題ドリブンでビジネスを考える あらすじ・内容

「何をしたいか」ではなく「何を解決したいか」
課題ドリブンでビジネスを考えることが
起業成功のカギを握る!

日本で初めての写真代行販売サービスを発案、実施して
累計会員登録数60万人、全国の登録団体6500以上。
元自衛官の天才起業家が語る成功の秘訣とは
------------------------------------------------------
「世の中のためになることをやりたい」「好きなことで稼ぎたい」
「自分のアイデアが世間に通用するのか試してみたい」
起業家を目指す動機は人によってさまざまです。
そして、起業するからには成功を収めたい、毎年成長し続ける企業にしたい
というのは当然の思いです。しかし、起業すれば誰でも成功するわけではなく、
スタートアップ企業が生き残っていくのは簡単なことではありません。

著者はIT技術を駆使した写真販売のプラットフォームサービスを提供する会社を
経営しています。もともとは自衛官として8年間陸上自衛隊に在籍していましたが、
趣味だった写真で人々から感謝される仕事がしたいと思い、カメラマンとして独立しました。
そしてカメラマンとして成功の道をさぐるなか、保育園・幼稚園および保護者向けの
オンライン写真販売事業を始めてからは売上が毎年右肩上がりで伸び続け、
2023年現在、サービス利用者は300万人を超えています。
コネも知識もない元自衛官がなぜここまで成長し続ける会社をつくることができたのか——。
その理由は、顧客の課題を解消するという視点でビジネスの種を見つけることができたからだといいます。
「何をしたいか」ではなく「何を解決したいか」という課題ドリブンでの
ビジネスモデル構築が、成功のカギとなったのです。

しばしば起業家は自分がしたいことからビジネスを考えてしまいますが、
それでは自己満足の延長に過ぎないと著者は指摘します。
自分の強みや特技を活かしてどんなにすばらしいサービスや商品をつくっても、
それを必要とする顧客が不在ではビジネスは成立しないのです。
顧客ニーズは顧客の困り事、つまり課題から生まれ、その課題を解決することが
顧客への価値提供になり、その対価としてお金を受け取るウィンウィンの
サービス・商品が出来上がる――。このように顧客の課題からビジネスモデルを
組み立てることで、5年10年と成長し続ける企業をつくることができるのです。

本書では、顧客の課題を解決するビジネスモデルを確立し会社を成長させることができた
著者の経験を基に、起業を成功させるために必要な考え方や経営のヒントをまとめています。
起業を志す人、新事業を模索する経営者にとって、事業の持続可能性を高めるための発想が得られる一冊です。

  • シェア:

「起業力 課題ドリブンでビジネスを考える(幻冬舎メディアコンサルティング)」最新刊

「何をしたいか」ではなく「何を解決したいか」
課題ドリブンでビジネスを考えることが
起業成功のカギを握る!

日本で初めての写真代行販売サービスを発案、実施して
累計会員登録数60万人、全国の登録団体6500以上。
元自衛官の天才起業家が語る成功の秘訣とは
------------------------------------------------------
「世の中のためになることをやりたい」「好きなことで稼ぎたい」
「自分のアイデアが世間に通用するのか試してみたい」
起業家を目指す動機は人によってさまざまです。
そして、起業するからには成功を収めたい、毎年成長し続ける企業にしたい
というのは当然の思いです。しかし、起業すれば誰でも成功するわけではなく、
スタートアップ企業が生き残っていくのは簡単なことではありません。

著者はIT技術を駆使した写真販売のプラットフォームサービスを提供する会社を
経営しています。もともとは自衛官として8年間陸上自衛隊に在籍していましたが、
趣味だった写真で人々から感謝される仕事がしたいと思い、カメラマンとして独立しました。
そしてカメラマンとして成功の道をさぐるなか、保育園・幼稚園および保護者向けの
オンライン写真販売事業を始めてからは売上が毎年右肩上がりで伸び続け、
2023年現在、サービス利用者は300万人を超えています。
コネも知識もない元自衛官がなぜここまで成長し続ける会社をつくることができたのか——。
その理由は、顧客の課題を解消するという視点でビジネスの種を見つけることができたからだといいます。
「何をしたいか」ではなく「何を解決したいか」という課題ドリブンでの
ビジネスモデル構築が、成功のカギとなったのです。

しばしば起業家は自分がしたいことからビジネスを考えてしまいますが、
それでは自己満足の延長に過ぎないと著者は指摘します。
自分の強みや特技を活かしてどんなにすばらしいサービスや商品をつくっても、
それを必要とする顧客が不在ではビジネスは成立しないのです。
顧客ニーズは顧客の困り事、つまり課題から生まれ、その課題を解決することが
顧客への価値提供になり、その対価としてお金を受け取るウィンウィンの
サービス・商品が出来上がる――。このように顧客の課題からビジネスモデルを
組み立てることで、5年10年と成長し続ける企業をつくることができるのです。

本書では、顧客の課題を解決するビジネスモデルを確立し会社を成長させることができた
著者の経験を基に、起業を成功させるために必要な考え方や経営のヒントをまとめています。
起業を志す人、新事業を模索する経営者にとって、事業の持続可能性を高めるための発想が得られる一冊です。

「起業力 課題ドリブンでビジネスを考える(幻冬舎メディアコンサルティング)」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
実用 就職・転職 ビジネス
ページ数
168ページ (起業力 課題ドリブンでビジネスを考える)
配信開始日
2023年9月4日 (起業力 課題ドリブンでビジネスを考える)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。