電子書籍 アガワ流生きるピント(文春文庫) 文芸・小説

著: 阿川佐和子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アガワ流生きるピント あらすじ・内容

いつの世も、不安や悩みが尽きないもの。
家族、恋愛、仕事、生活の不安……寄せられた37の悩みに、
『聞く力』の阿川佐和子が60ン年の人生経験を総動員して、
時に共感、時にあきれつつ、アドバイスを送ります。

「仕事が忙しすぎてヘトヘト」「フラれるのが怖い」
「大学時代の彼と30年ぶりに再会」「子供ができない」「妻が認知症に」
「部下を叱れない」「上司の言葉に傷ついた」「70歳の母に好きな人ができた」
「なりたいものが見つからない」「高校生の娘が話をしてくれない」
「母が亡くなり、父が『死にたい』と嘆きます」――

まだまだ若いつもりのあなたも、老人初心者のあなたも、
これを読めば、身も心も軽ーく、人生を乗り切れること間違いなし!

※この電子書籍は2021年7月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

  • シェア:

「アガワ流生きるピント(文春文庫)」最新刊

いつの世も、不安や悩みが尽きないもの。
家族、恋愛、仕事、生活の不安……寄せられた37の悩みに、
『聞く力』の阿川佐和子が60ン年の人生経験を総動員して、
時に共感、時にあきれつつ、アドバイスを送ります。

「仕事が忙しすぎてヘトヘト」「フラれるのが怖い」
「大学時代の彼と30年ぶりに再会」「子供ができない」「妻が認知症に」
「部下を叱れない」「上司の言葉に傷ついた」「70歳の母に好きな人ができた」
「なりたいものが見つからない」「高校生の娘が話をしてくれない」
「母が亡くなり、父が『死にたい』と嘆きます」――

まだまだ若いつもりのあなたも、老人初心者のあなたも、
これを読めば、身も心も軽ーく、人生を乗り切れること間違いなし!

※この電子書籍は2021年7月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

「アガワ流生きるピント(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
284ページ (アガワ流生きるピント)
配信開始日
2023年9月5日 (アガワ流生きるピント)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。