電子書籍 頭文字D マンガ

限定特典あり 完結
著: しげの秀一 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

42ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

頭文字D(1) あらすじ・内容

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!! 地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?

この作品を共有

「頭文字D」作品一覧

(48冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

夏休みも終わり、いつもの学校生活にもどる拓海(たくみ)。しかしこの夏に秋名の“ハチロク”が残した衝撃は拓海の知らないところで、また新たな波紋を呼んでいた――!! 一方レッドサンズの高橋涼介は、関東最速プロジェクトを実行するために県内チームとの交流戦を再開させる。そして、ついにレッドサンズ・高橋啓介vs.ナイトキッズ・中里毅のタイムアタックがスタートを切った!!

急遽行われることになった拓海(たくみ)とレッドサンズの中村賢太(なかむら・けんた)の妙義山ダウンヒルバトル!! レインバトルに絶対の自信を持つ賢太だったが、雨のなかでも変わらず驚異的な速さを見せる拓海のハチロクにあっさりとかわされてしまう。しかし、そんな賢太のS14を抜き去ったのはハチロクだけではなかった!! そのクルマの正体は果たして――!?

群馬エリア制圧を狙う“ランエボ”のみの県外チーム「エンペラー」の岩城清次(いわき・せいじ)vs.拓海(たくみ)の秋名ダウンヒルバトル!! 追走していた清次はハチロクの遅さに苛立ち、“エボIV”の加速力で拓海を一気に抜き去る! だがクルマの性能では圧倒的に有利なはずのこのバトルで、それでもハチロクを振り切れない清次はある事実に気付いた……。そして、勝負は秋名名物・5連ヘアピンへとさしかかる!!

「頭文字D」のおすすめコメント

頭文字D(1) 販売担当(講談社) 登録日:2015/01/01

頭文字D

アニメや実写映画、ゲームなど数多くメディア化されており、さらには海外にも多数のファンを抱える、言わずと知れたクルママンガの金字塔。父親が営む「藤原豆腐店」の名前がプリントされたトヨタ・AE86(通常“ハチロク”)で、数々のチューンアップされたハイスペックカーとのバトルを勝ち抜いていく主人公・藤原拓海の姿は痛快です。自動車業界にも多大なる影響を与えた本作。未読の方はこの機会にぜひご覧ください!