電子書籍 吉永さん家のガーゴイル(ファミ通文庫) ラノベ

完結
著者: 田口仙年堂  イラスト: 日向悠二 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

吉永さん家のガーゴイル1 あらすじ・内容

テレビアニメ化もされた、あのご町内コメディが電子書籍版になって再び登場!

商店街の福引きで大当たり! 吉永さん家の双葉ちゃんがゲットしたのは、前代未聞の生き物だった!? ソレは、突然喋りだすわ、石より硬いわ、あげくに自分を「吉永家の門番だ」というわで、兄の和己くんはポカーン状態。双葉ちゃんは、提供した店に突っ返そうとアンティーク屋「兎轉舎」に乗り込む。そこには青龍刀を持った物騒なお姉さんが!? 第五回えんため大賞受賞作は読んだあなたに福が来る、ご町内のハッピーコメディ!

この作品を共有

「吉永さん家のガーゴイル(ファミ通文庫)」最新刊

ガーゴイルは破壊された。大破した町を援助し信頼を集めるレイジに対し、ガーゴイルと百色は、破壊犯の汚名を着せられ、レイジの目論み通りに御色町の敵となっていた。けれどそんな中、双葉は走る。破片を集め、ガーゴイルを蘇らせるために。百色や東宮たちもまた、反撃の準備を進めていた。ヒーロー復活を待ち、この町を取り戻すために……! ガーゴイルは間に合うのか!? 御色町全体を巻き込んだこの戦いの決着は――!? 大好評シリーズ、ここに堂々完結!!

「吉永さん家のガーゴイル(ファミ通文庫)」作品一覧

(15冊)

560円〜640円(+税)

まとめてカート

商店街の福引きで大当たり! 吉永さん家の双葉ちゃんがゲットしたのは、前代未聞の生き物だった!? ソレは、突然喋りだすわ、石より硬いわ、あげくに自分を「吉永家の門番だ」というわで、兄の和己くんはポカーン状態。双葉ちゃんは、提供した店に突っ返そうとアンティーク屋「兎轉舎」に乗り込む。そこには青龍刀を持った物騒なお姉さんが!? 第五回えんため大賞受賞作は読んだあなたに福が来る、ご町内のハッピーコメディ!

世界でもっとも有名かつデンジャラスな怪盗・百色――それがこの私だ。職業柄、セキュリティシステムに強い関心があってね。「最強の門番」ガーゴイル君の噂を聞き、このたびの戦いを挑んだ。彼は素晴しく強い! しかもボケとツッコミをこなす逸材だ!! ――彼と戦ったその夜、私はある研究所から不思議な能力をもつ少女を盗む羽目になった。それが、ガーゴイル君らを巻き込む大事件になろうとは!! 大好評ご町内ハッピーコメディ第2弾!

いつ行ってもお客がいない怪しいアンティーク屋「兎轄舎」のお姉さんに呼び出された双葉は、うま~く丸め込まれてトゲつきの奇妙なヘルメットを被ることに。それは試作段階の植物と喋れる「イーハトーブ式交換装置」だった!? 故障で装置が脱げなくなってしまった双葉はおかげでご町内の笑いものに。心配するガーくんの気持ちをよそに、好奇心旺盛な双葉は装置を使い、新しい友達と出会うのだが、どうも様子が変!? 大好評えんため受賞作第3弾!

「吉永さん家のガーゴイル(ファミ通文庫)」のおすすめ情報

「吉永さん家のガーゴイル(ファミ通文庫)」の作品情報

レーベル
ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
ジャンル
ライトノベル 男性向け アニメ えんため大賞小説部門 えんため大賞 完結 めがイラスト
ページ数
259ページ (吉永さん家のガーゴイル1)
配信開始日
2011年9月29日 (吉永さん家のガーゴイル1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad