電子書籍 原稿用紙10枚を書く力~増補新装版(だいわ文庫) 実用

著: 齋藤孝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

原稿用紙10枚を書く力~増補新装版 あらすじ・内容

※本作品は小社より2004年10月に単行本として刊行、
2007年2月に文庫化された作品に新たな解説を加えて再編集し、新装版にしたものです。

書いては考え、考えては書く。これが本当の「頭のよさ」と、生きるうえでの「カシコイやり方」を知ることにつながる!

◎いい文章には「構築力・引用力・レジュメ力・立ち位置」がある
◎書くことを意識すると、本を読み込む力が上がる。語彙も豊かになる
◎起承転結の「転」が決まれば、書くことに困らなくなる
◎「3つで語る」と、きちんとした話になる。人より深く考えられる

20万部超のロング&ベストセラーが装いも新たに再登場!

・生成AI時代に「書く力」はなぜ必要か
・思考も文章もどんどん進む「85の技巧」
・文章力を鍛える「おすすめ本150選」

を加筆増補した令和必携の一冊!

【目次】

プロローグ 書くことはスポーツだ
 なぜ十枚書く力が大切か
「量から質」が文章上達の近道
 あらゆる手段を使って十枚書こう
 書く推進力になる引用
「3の法則」は文章構築のカギ
 起承転結の「転」から文章は考える
「起承転結」で読むトレーニング
 書けるようになると、読書力がアップする
 アレンジの束がオリジナリティだ
 書けるようになると次の世界が見えてくる

第1章 書くことは考える力を鍛える
1 書く前に考える
「書く」ことは構築することだ
 書き言葉は時間を超えて残る
「話し言葉」と「書き言葉」の違い
 パソコンで「書く力」をつける
 書けば書くほどアイディアが生まれる

2 思考力を鍛える
 書くことで脳は鍛えられる
 意味の含有率を高めよう
 書き言葉で話す
 書く力をつける読書
 考え抜く力をどうつけるか

3 書くことは価値の創造だ
 新しく意味を生み出す行為
 価値を下げる文章は書かない
「新たな気づき」があるか
 書くことで人とつながる

第2章 「書く力」とは構築力である
1 「引用力」をつける
 書くための読書術
 読み込む力は、書くことを前提にすると上がる
「こなす読書」をめざす
 制限時間の中で読む
 問題意識を持って読む
「引用」の技を学ぶ
 テキストを読み手と共有するメリット
 おもしろいと感じたことをグループ分けする
 引用のポイントを外(はず)さないコツ
 引用から文章を組み立てる
「気づき」がおもしろさを生む

2 「レジュメ力」をつける
 キーワードを拾い、メモをつくる
 構想に役立つメモのつくり方
 性格の違う三つのキーコンセプトをつくる
 キーコンセプトは切り口になる
 レジュメは文章の設計図
 長い文章を書くトレーニング

3 文章は「3の法則」で構築する
 キーワードからキーフレーズへ
 関連のない三つのキーコンセプトをつなぐ
 三つのキーコンセプトを図化する
 暗黙知を呼び覚ます
 章、節、項目を見きわめる
 私の論文トレーニング
 読書感想文で三つのポイントを選ぶ練習

トレーニングメニュー 映画の活用

第3章 「文体」を身につける
1 文体が文章に生命力を与える
 主観的なことを書く
 文体は構築力の上に築かれる
 生命力は文体ににじみ出る
 生命力と構築力
 音読すると文章の生命力がわかる
 対自分の文章と対他人の文章の違い

2 文体は立ち位置で決まる
 文章の身体性とは何か
 自分の立ち位置を意識する
 自分のポジションを決める

3 オリジナルな文章を書く
 立つ位置で構築の仕方が変わる
 書きやすい立ち位置を見つける
 主観と客観のバランスをとる
 取捨選択することで頭を高速回転させる
 アレンジ次第で文体は変わる
 触発されてオリジナリティが生まれる

  • シェア:

「原稿用紙10枚を書く力~増補新装版(だいわ文庫)」最新刊

※本作品は小社より2004年10月に単行本として刊行、
2007年2月に文庫化された作品に新たな解説を加えて再編集し、新装版にしたものです。

書いては考え、考えては書く。これが本当の「頭のよさ」と、生きるうえでの「カシコイやり方」を知ることにつながる!

◎いい文章には「構築力・引用力・レジュメ力・立ち位置」がある
◎書くことを意識すると、本を読み込む力が上がる。語彙も豊かになる
◎起承転結の「転」が決まれば、書くことに困らなくなる
◎「3つで語る」と、きちんとした話になる。人より深く考えられる

20万部超のロング&ベストセラーが装いも新たに再登場!

・生成AI時代に「書く力」はなぜ必要か
・思考も文章もどんどん進む「85の技巧」
・文章力を鍛える「おすすめ本150選」

を加筆増補した令和必携の一冊!

【目次】

プロローグ 書くことはスポーツだ
 なぜ十枚書く力が大切か
「量から質」が文章上達の近道
 あらゆる手段を使って十枚書こう
 書く推進力になる引用
「3の法則」は文章構築のカギ
 起承転結の「転」から文章は考える
「起承転結」で読むトレーニング
 書けるようになると、読書力がアップする
 アレンジの束がオリジナリティだ
 書けるようになると次の世界が見えてくる

第1章 書くことは考える力を鍛える
1 書く前に考える
「書く」ことは構築することだ
 書き言葉は時間を超えて残る
「話し言葉」と「書き言葉」の違い
 パソコンで「書く力」をつける
 書けば書くほどアイディアが生まれる

2 思考力を鍛える
 書くことで脳は鍛えられる
 意味の含有率を高めよう
 書き言葉で話す
 書く力をつける読書
 考え抜く力をどうつけるか

3 書くことは価値の創造だ
 新しく意味を生み出す行為
 価値を下げる文章は書かない
「新たな気づき」があるか
 書くことで人とつながる

第2章 「書く力」とは構築力である
1 「引用力」をつける
 書くための読書術
 読み込む力は、書くことを前提にすると上がる
「こなす読書」をめざす
 制限時間の中で読む
 問題意識を持って読む
「引用」の技を学ぶ
 テキストを読み手と共有するメリット
 おもしろいと感じたことをグループ分けする
 引用のポイントを外(はず)さないコツ
 引用から文章を組み立てる
「気づき」がおもしろさを生む

2 「レジュメ力」をつける
 キーワードを拾い、メモをつくる
 構想に役立つメモのつくり方
 性格の違う三つのキーコンセプトをつくる
 キーコンセプトは切り口になる
 レジュメは文章の設計図
 長い文章を書くトレーニング

3 文章は「3の法則」で構築する
 キーワードからキーフレーズへ
 関連のない三つのキーコンセプトをつなぐ
 三つのキーコンセプトを図化する
 暗黙知を呼び覚ます
 章、節、項目を見きわめる
 私の論文トレーニング
 読書感想文で三つのポイントを選ぶ練習

トレーニングメニュー 映画の活用

第3章 「文体」を身につける
1 文体が文章に生命力を与える
 主観的なことを書く
 文体は構築力の上に築かれる
 生命力は文体ににじみ出る
 生命力と構築力
 音読すると文章の生命力がわかる
 対自分の文章と対他人の文章の違い

2 文体は立ち位置で決まる
 文章の身体性とは何か
 自分の立ち位置を意識する
 自分のポジションを決める

3 オリジナルな文章を書く
 立つ位置で構築の仕方が変わる
 書きやすい立ち位置を見つける
 主観と客観のバランスをとる
 取捨選択することで頭を高速回転させる
 アレンジ次第で文体は変わる
 触発されてオリジナリティが生まれる

「原稿用紙10枚を書く力~増補新装版(だいわ文庫)」の作品情報

レーベル
だいわ文庫
出版社
大和書房
ジャンル
実用 ビジネス 教養 エッセイ
ページ数
202ページ (原稿用紙10枚を書く力~増補新装版)
配信開始日
2023年9月9日 (原稿用紙10枚を書く力~増補新装版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。