電子書籍 くろねこカフェのおやつ(角川文庫) 文芸・小説

著者: 高橋由太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

50ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

くろねこカフェのおやつ 午後三時の蜂蜜トースト あらすじ・内容

あなたなら、最後のおやつに何を用意しますか?

海を望む古民家風の「くろねこカフェ」。
寡黙な男性店主の谷中景がふるまう「くろねこのおやつ」がある。
それは景の妹・風花が社長を務める葬儀会社のサービスの一種で、
葬式の後日、故人の「思い出のおやつ」を招待客にふるまうというもの。
人気はあるが、風花は葬儀会社社長としての自分に悩んでいた。
そんなある日、担当した故人から、おやつの招待状が届き……。
切なく優しいメッセージに感涙必至の物語。

  • シェア:

「くろねこカフェのおやつ(角川文庫)」最新刊

若くして葬儀会社を継いだ谷中風花の悩み。
それは、ベテラン社員の岩清水との確執だ。
彼の前時代的なやり方にストレスを感じる中、
兄が店主を務める「くろねこカフェ」には、
「くろねこのおやつ」の依頼が入ってくる。
それは故人が想いを伝えられる風花の会社のサービスだ。
ひきこもっている娘に遺した母の想い、
長年連れ添った伴侶への想い、
そして岩清水にも遺された想いがあって……。
切なく優しいメッセージに感涙必至の物語。

「くろねこカフェのおやつ(角川文庫)」作品一覧

(2冊)

726〜770(税込)

まとめてカート

海を望む古民家風の「くろねこカフェ」。
寡黙な男性店主の谷中景がふるまう「くろねこのおやつ」がある。
それは景の妹・風花が社長を務める葬儀会社のサービスの一種で、
葬式の後日、故人の「思い出のおやつ」を招待客にふるまうというもの。
人気はあるが、風花は葬儀会社社長としての自分に悩んでいた。
そんなある日、担当した故人から、おやつの招待状が届き……。
切なく優しいメッセージに感涙必至の物語。

若くして葬儀会社を継いだ谷中風花の悩み。
それは、ベテラン社員の岩清水との確執だ。
彼の前時代的なやり方にストレスを感じる中、
兄が店主を務める「くろねこカフェ」には、
「くろねこのおやつ」の依頼が入ってくる。
それは故人が想いを伝えられる風花の会社のサービスだ。
ひきこもっている娘に遺した母の想い、
長年連れ添った伴侶への想い、
そして岩清水にも遺された想いがあって……。
切なく優しいメッセージに感涙必至の物語。

「くろねこカフェのおやつ(角川文庫)」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 めがイラスト
ページ数
253ページ (くろねこカフェのおやつ 午後三時の蜂蜜トースト)
配信開始日
2023年9月22日 (くろねこカフェのおやつ 午後三時の蜂蜜トースト)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。