電子書籍 駒が舞う マンガ

著: 大島やすいち 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

駒が舞う (1) あらすじ・内容

八十一マスの盤面に命をかける少年。桂駒吉は将棋狂の父親を持つヤンチャ坊主。父が将棋に熱中するあまり家業の店を手放してしまった駒吉の一家は住み慣れた土地を離れ京都に移る。駒吉は転校先の中学で将棋大会に参加し、勝ち進んで将棋の少年日本一、東山健吾と対戦する。

  • シェア:
  

「駒が舞う」最新刊

見事、関西将棋戦を勝ち抜き優勝の栄冠を手にした駒吉は、最強のライバル東山健吾との対決を目指し上京する。将棋少年日本一の座に向かって闘志を燃やす駒吉だったが、東京では健吾の他にも恐るべき強豪との対戦が待っていた…。

「駒が舞う」作品一覧

(5冊)

各330(税込)

まとめてカート

八十一マスの盤面に命をかける少年。桂駒吉は将棋狂の父親を持つヤンチャ坊主。父が将棋に熱中するあまり家業の店を手放してしまった駒吉の一家は住み慣れた土地を離れ京都に移る。駒吉は転校先の中学で将棋大会に参加し、勝ち進んで将棋の少年日本一、東山健吾と対戦する。

目の前に立ちはだかる駒吉を、卑劣な手段で排除しようとする健吾だったが、健吾の祖父で伝説の棋士、出雲路宗雲の一喝により、決着は将棋大会の決勝の再戦に持ち越されることになる。しかし、勝負の当日、駒吉の勝利目前で父の訃報が飛び込む。駒吉は宗雲に弟子入りして、父の敵討ちをすることを誓う。

背中に秘密を持つ少女・雪。その出生以前の因縁により、彼女はあまりにも非情な宿命を負わされていた。肉親が引き起こした強烈な怨念により雪は命の危機にさらされる。雪を救うために駒吉は、雪の背中に浮かぶ詰め将棋を解くために奮闘するが…。

「駒が舞う」の作品情報

レーベル
――
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ
ページ数
191ページ (駒が舞う (1))
配信開始日
2015年4月24日 (駒が舞う (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。