電子書籍 かんかん橋をわたって マンガ

著: 草野誼 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

かんかん橋をわたって1巻 あらすじ・内容

住み慣れた「川南(かーなみ)」から、橋ひとつ向こうの「川東(かわっと)」に嫁いだ萌(もえ)は、上品で優しい姑・不二子(ふじこ)に引き目を感じながらも嫁としてなじもうとしていた。ところが萌の時だけ米がうまく炊けないなど、日々に違和感を感じるうちに、恐ろしいことがわかってくる。町の人が耳打ちした「気をつけたほうがいいわよ。あの人は『おこんじょう』だから」とは? 恐ろしさに身震いが止まらない! 嫁と姑の千日戦争!

この作品を共有
  

「かんかん橋をわたって」最新刊

川東の人々を従わせるためにご新造さまが行った「経済封鎖」を、萌たちが道途中でバザーを開くことで、打ち破る。今度は「ご新造さまに名付けられた男児」が一斉に連れ去られ、萌たちは全面対決を決行。1位の姑のいる「市毛家」に乗り込む。「愛される女主人」であることに固執するご新造さまを倒すことはできるのか。川東一帯を縛りつける嫁姑の呪縛が、今、解ける!?

「かんかん橋をわたって」作品一覧

(10冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

住み慣れた「川南(かーなみ)」から、橋ひとつ向こうの「川東(かわっと)」に嫁いだ萌(もえ)は、上品で優しい姑・不二子(ふじこ)に引き目を感じながらも嫁としてなじもうとしていた。ところが萌の時だけ米がうまく炊けないなど、日々に違和感を感じるうちに、恐ろしいことがわかってくる。町の人が耳打ちした「気をつけたほうがいいわよ。あの人は『おこんじょう』だから」とは? 恐ろしさに身震いが止まらない! 嫁と姑の千日戦争!

姑・不二子の差し金で泥棒の濡れ衣を着せられそうになり、夫・早菜男(さなお)の帰宅で難を逃れた萌。家での仕打ちに加え、嫁いだ「川東」の地域で、酷い目に遭っている嫁の番付「嫁姑番付」に自分が入っていることを知る。父の死に目の際にも姑の意地悪が働いていたと知り、なすがままに姑の仕打ちにさらされていた萌は、姑に立ち向かう決心をする! そんな中、同居する義姉に料理を仕込むよう、姑から命じられて…。

姑・不二子の狙いどおり、打ち解けたかに思えた義姉に徹底的に嫌われた萌。姑の手口を意識するようになった萌は、対抗の手立てのために不幸番付「嫁姑番付」の、同じ上位の嫁・権藤木(ごんどぎ)など、上位の嫁を次々に訪ねる。そして嫁姑の災禍に巻き込まれている惨状を目の当たりに。だが家庭で現状を知らしめるのは無理だという。「夫は絶対に気づかないようになっている」とは!?

「かんかん橋をわたって」の作品情報

レーベル
――
出版社
ぶんか社
ジャンル
マンガ 女性向け 女性マンガ ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
161ページ (かんかん橋をわたって1巻)
配信開始日
2015年4月24日 (かんかん橋をわたって1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad