電子書籍 KUROZUKA―黒塚― マンガ

完結
原作: 夢枕獏  作画: 野口賢 

まずは、無料で試し読み

試し読み

57ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

KUROZUKA―黒塚― 1 あらすじ・内容

鎌倉の兄・頼朝より逃げおおす源九郎 義経と弁慶。二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。いつしか九郎と黒蜜は男女の関係に。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた!! 情念の作家・夢枕獏と鬼才・野口賢が織りなす、有為転変の壮大なる伝奇ロマン、威風堂々スタート。

この作品を共有
  

「KUROZUKA―黒塚―」作品一覧

(10冊)

281円〜561円(+税)

まとめてカート

関東を支配する、白王勢力に、生身で立ち向かう謎の男・・水元六蔵とは!? 一方、黒蜜を探し求め、旅立ったタツヤとシェラ――白王の城に捕らわれたままのクロウ、ライの運命は!? それぞれの思惑が交錯し、黒蜜を追い求める、壮大なる旅が始まった…

白王軍に拉致されたクロウの持つ特殊な能力、また、その秘密の鍵を握る黒蜜の究明に乗り出す長谷川。そして捉えられたライは、人体実験の危機に!? 完全復活を遂げた白王、未知の力を兼ね備えたタツヤとシェラ、そして、赤帝軍が動き出す! 事態は予測もつかない恐るべき展開に!?

“白王の城”内で巻き起こった決戦は幕を引き、一行は東京を後に。異形のモノたちが棲むと言われる鬼門・東北へ向かった。果てしなく永い永い年月を経て、想い焦がれてきた、あの“黒蜜”とクロウは果たして再会なるのか!? 東北の知られざる秘密。いざ、壮大なる旅の終着点へ…