電子書籍 エウリピデス全作品集 実用

著: エウリピデス  訳者: 内山敬二郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

エウリピデス全作品集(I) あらすじ・内容

エウリピデス(前485年~406年)は、古代ギリシアの三大悲劇詩人のひとり。アイスキュロス、ソポクレスによって確立された「伝統」と異なり、その作風は人間中心の立場をとり、伝統的な神々を批判したため、当時はしばしば物議をかもした。三人のなかでは最も多い19編の作品が現存する。アテナイに生まれマケドニアで没した。この巻には、「レーソス」「アルケスティス」「メデイア」「ヒッポリュトス」「ヘラクレスの子供たち」「ヘカベ」「アンドロマケ」「狂えるヘラクレス」「嘆願の女達」「イオーン」の10編を収めた。

この作品を共有

「エウリピデス全作品集」最新刊

エウリピデスの全作品19編のうち、この巻には、後期の「トロイアの女たち」「タウリケのイピゲネイア」「エレクトラ」「ヘレネ」「ポイニケの女たち」「オレステス」「アウリスのイピゲネイア」「バッコスの狂信女たち」「キュクロプス」の9編を収めた。

「エウリピデス全作品集」作品一覧

(2冊)

各1,000円 (+税)

まとめてカート

エウリピデス(前485年~406年)は、古代ギリシアの三大悲劇詩人のひとり。アイスキュロス、ソポクレスによって確立された「伝統」と異なり、その作風は人間中心の立場をとり、伝統的な神々を批判したため、当時はしばしば物議をかもした。三人のなかでは最も多い19編の作品が現存する。アテナイに生まれマケドニアで没した。この巻には、「レーソス」「アルケスティス」「メデイア」「ヒッポリュトス」「ヘラクレスの子供たち」「ヘカベ」「アンドロマケ」「狂えるヘラクレス」「嘆願の女達」「イオーン」の10編を収めた。

エウリピデスの全作品19編のうち、この巻には、後期の「トロイアの女たち」「タウリケのイピゲネイア」「エレクトラ」「ヘレネ」「ポイニケの女たち」「オレステス」「アウリスのイピゲネイア」「バッコスの狂信女たち」「キュクロプス」の9編を収めた。

「エウリピデス全作品集」の作品情報

レーベル
――
出版社
グーテンベルク21
ジャンル
実用
ページ数
671ページ (エウリピデス全作品集(I))
配信開始日
2015年5月15日 (エウリピデス全作品集(I))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad