電子書籍 修羅の門 マンガ

完結
著: 川原正敏 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

56ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

修羅の門(1) あらすじ・内容

日本に古くから伝わり、底知れぬ破壊力をもつ幻の武術、陸奥圓明流(むつえんめいりゅう)の使い手・陸奥九十九(むつつくも)が現れた! 実戦空手道場・神武館(しんぶかん)をぶったおすため、九十九の荒技がさえる。段違いの迫力でせまる本格格闘技巨編、登場!!

この作品を共有

「修羅の門」最新刊

ヴァーリー・トゥード決勝を戦い終えた陸奥九十九(むつ・つくも)は、ジャングルへと姿を消した。ケンシン・マエダと戦うために――。そして2年を超える刻(とき)が過ぎ、雷(いかずち)に似た技を使うマスクマンがリングに上がる。彼の男は帰ってきた陸奥九十九なのか……?

「修羅の門」作品一覧

(32冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

日本に古くから伝わり、底知れぬ破壊力をもつ幻の武術、陸奥圓明流(むつえんめいりゅう)の使い手・陸奥九十九(むつつくも)が現れた! 実戦空手道場・神武館(しんぶかん)をぶったおすため、九十九の荒技がさえる。段違いの迫力でせまる本格格闘技巨編、登場!!

幻の武術・陸奥圓明流(むつえんめいりゅう)の継承者で底知れぬ力(パワー)を秘めた男、陸奥九十九(むつつくも)が実戦空手道場・神武館(しんぶかん)に現れた。九十九は、神武館の実力者“四鬼竜(よんきりゅう)”のうち増畑(ますはた)と泉(いずみ)を簡単に倒し、三人目にローキックの鬼・陣雷(じんらい)との対決となった!! バットをもたやすくへし折る陣雷のローキックに対抗する術はあるのか――!?

陸奥九十九(むつつくも)と神武館(しんぶかん)の実力者“四鬼竜(しきりゅう)”の最後の一人、天才・海堂晃(かいどうあきら)との死闘が始まった。海堂が左手首を折られ、九十九も左眼を負傷し両者の実力は全くの五分。闘いに決着をつけるために陸奥圓明流(むつえんめいりゅう)奥義・無空波(むくうは)がついに出るか!! 四鬼竜との激闘決着! そして、九十九の戦いは次なる舞台へ――!!

「修羅の門」の作品情報

レーベル
月刊少年マガジン
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 2000年代完結マンガ 完結 少年マンガ スポーツ バトル・格闘・アクション
ページ数
195ページ (修羅の門(1))
配信開始日
2013年4月18日 (修羅の門(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad