電子書籍 [新装版]人間学講話 実用

著: 安岡正篤 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

[新装版]運命を創る―人間学講話 あらすじ・内容

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第一集。
政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金〓(けい)学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆組織盛衰の原理
□近代中国にみる興亡の原理
□明治・大正・昭和三代の盛衰
□兵書に学ぶリーダーの心得―孫子・呉子・六韜三略より
◆東洋思想と人間学
□「万世ノ為二太平ヲ開ク」―終戦の詔勅秘話
□人生の五計―人生観の学問
□見識と胆識
□人間学・人生学の書
◆運命を創る
□運命を創る―若朽老朽を防ぐ道
□次世代を作る人々のために
□若さを失わずに大成する秘訣
◆「気力」を養う養生訓
□敏忙人の身心摂養法
□憤怒と怒気

この作品を共有

「[新装版]人間学講話」最新刊

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第八集。
仏教と儒教、人生にどう活かすか。安岡教学の集大成、ここに極まれり。
「新装版 人間学講和」これにて完結!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金鶏学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆第一章 五家七宗―禅の発展
◆第二章 宋学の勃興
◆第三章 易の哲学―周茂叔と太極図説
◆第四章 漢民族と日本民族
◆第五章 宋の試練―文華と文弱
◆第六章 碧厳録
◆第七章 華厳と円覚―禅の哲学
◆第八章 陽明学の前夜―形式化する教学
◆第九章 王陽明の生涯と教学
◆第十章 天地萬物一体論
◆第十一章 抜本塞源論

「[新装版]人間学講話」作品一覧

(9冊)

1,200円〜1,700円(+税)

まとめてカート

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第一集。
政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金〓(けい)学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆組織盛衰の原理
□近代中国にみる興亡の原理
□明治・大正・昭和三代の盛衰
□兵書に学ぶリーダーの心得―孫子・呉子・六韜三略より
◆東洋思想と人間学
□「万世ノ為二太平ヲ開ク」―終戦の詔勅秘話
□人生の五計―人生観の学問
□見識と胆識
□人間学・人生学の書
◆運命を創る
□運命を創る―若朽老朽を防ぐ道
□次世代を作る人々のために
□若さを失わずに大成する秘訣
◆「気力」を養う養生訓
□敏忙人の身心摂養法
□憤怒と怒気

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第二集。
政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金〓(けい)学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆活人 活学
□現代に生きる「野狐禅」―不昧因果の教え
□家康と康煕帝―守成の原理について
□漢帝のマネー哲学―金を負む者は負ける
◆「人間」を創る
□「人間」を創る―親と師は何をなすべきか
□父親はどうあるべきか―細川幽斎と西園寺公望
□「道徳」の美学
□東洋哲学からみた宗教と道徳
◆運命を展く
□中年の危機―樹に学ぶ人生の五衰
□大成を妨げるもの―“専門化”の陥し穴
□夢から醒めよ―邯鄲の夢
□運命を展く―人間はどこまでやれるか
◆養生と養心
□養生と養心―易学からみた心と体の健康法
□「敏忙」健康法

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第三集。
政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金けい学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆I 論語の人間像
□第一章 孔子を生んだ時代相
□第二章 最も偉大な人間通―孔子の人間観
□第三章 理想的人間像―晏子、子産、周公、きょ伯玉
□第四章 孔子学園の俊秀たち―子路、顔回、小貢、曾参
◆II 論語読みの論語知らず
□第一章 孔子人間学の定理―「利」の本は「義」である
□第二章 論語の文字学―孝、疾、忠、恕
□第三章 論語の活読、活学―古典の秘義を解く鍵
◆III 論語為政抄
□論語政為抄
□孔子について―講義草案ノート

「[新装版]人間学講話」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 哲学 思想 自己啓発・生き方
ページ数
229ページ ([新装版]運命を創る―人間学講話)
配信開始日
2015年5月16日 ([新装版]運命を創る―人間学講話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad