電子書籍 ハコニワフールズ(電撃文庫) ラノベ

著者: 佐々山 プラス  イラスト: えびら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ハコニワフールズ -精霊、火炎放射魔、古い顔- あらすじ・内容

このイカれちまったド田舎で、バカどもが繰り広げる48時間。

この田舎は常に自由で危険な空気が満ちていて、自作の火炎放射器を振り回す“炎の魔術師”ことアニさんは今日もご機嫌だ。今朝も路上で捕まえたという青い髪の少女、自称・“精霊種族のリリネット”とやらを俺に見せびらかしてきた。 ――あの人のことだ、何をしでかしたって不思議じゃない。頭の沸いたコスプレイヤーの一人くらい飼ってたって、おかしくはない―― だが気づけば、監禁されるリリネットをアニさんの家から攫い出す羽目になり、挙句手錠と鎖で彼女と繋がれていたのは俺だった。押し寄せる厄介な連中から女を守るため、俺はこの狂ったド田舎を奔走する。要するに、命の危機ってわけだ。

この作品を共有

「ハコニワフールズ(電撃文庫)」最新刊

わたしをこの村に連れてきてくれたリーチのおかげで、ちょっとずつ村の生活にも慣れてきた。そんな中、伯爵くんが始めた戦艦造りを手伝うことになって、心配性のリーチはわたしのことをわたし以上に心配してくれている。それは嬉しいけど、でもわたしはリーチのことをどう思っているんだろう。 こんな気持ちになるのは初めてで、自分でもどうしていいかわからないや。 妖精だって恋をする――ハコニワ2巻。

「ハコニワフールズ(電撃文庫)」作品一覧

(2冊)

610円〜690円(+税)

まとめてカート

この田舎は常に自由で危険な空気が満ちていて、自作の火炎放射器を振り回す“炎の魔術師”ことアニさんは今日もご機嫌だ。今朝も路上で捕まえたという青い髪の少女、自称・“精霊種族のリリネット”とやらを俺に見せびらかしてきた。 ――あの人のことだ、何をしでかしたって不思議じゃない。頭の沸いたコスプレイヤーの一人くらい飼ってたって、おかしくはない―― だが気づけば、監禁されるリリネットをアニさんの家から攫い出す羽目になり、挙句手錠と鎖で彼女と繋がれていたのは俺だった。押し寄せる厄介な連中から女を守るため、俺はこの狂ったド田舎を奔走する。要するに、命の危機ってわけだ。

わたしをこの村に連れてきてくれたリーチのおかげで、ちょっとずつ村の生活にも慣れてきた。そんな中、伯爵くんが始めた戦艦造りを手伝うことになって、心配性のリーチはわたしのことをわたし以上に心配してくれている。それは嬉しいけど、でもわたしはリーチのことをどう思っているんだろう。 こんな気持ちになるのは初めてで、自分でもどうしていいかわからないや。 妖精だって恋をする――ハコニワ2巻。

「ハコニワフールズ(電撃文庫)」の作品情報

レーベル
電撃文庫
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
352ページ (ハコニワフールズ -精霊、火炎放射魔、古い顔-)
配信開始日
2015年5月28日 (ハコニワフールズ -精霊、火炎放射魔、古い顔-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad