電子書籍 「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ ラノベ

著者:   イラスト: ミユキルリア 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神話伝説の英雄の異世界譚 1 あらすじ・内容

英雄は再び《軍神》として君臨する

奥黒比呂(おうぐろ ひろ)はかつてアレーティアという異世界に召喚され、《軍神(マルス)》として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。
その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に現代へと帰還する。
日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されてしまう。
――そこは、1000年後のアレーティアで!?
過去の栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

この作品を共有

「「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ」最新巻

比呂とリズ、2人の道が分かたれてから2年の月日が流れた――。
皇帝や《軍神》を喪った傷は根深く、権勢に綻びを見せ始めるグランツ大帝国。その中枢では、強く、美しく成長したリズが、ローザ達に支えられながら力を振るっていた。そしてリズは南方からの要請を受け、隣国であるシュタイセン共和国の新たな指導者を巡る争いに身を投じる。一方、《黒辰王(スルト)》としてバウム小国に身を置く比呂もまた、ある思惑からシュタイセン共和国へと赴くのだった。
群雄割拠の大陸を舞台に、リズの「王道」と比呂の「覇道」が絡み合い、新たな時代を紡ぎ出す! 怒涛の第8巻、開幕……!!

「「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ」作品一覧

(8冊)

593円〜611円(+税)

まとめてカート

奥黒比呂(おうぐろ ひろ)はかつてアレーティアという異世界に召喚され、《軍神(マルス)》として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。
その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に現代へと帰還する。
日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されてしまう。
――そこは、1000年後のアレーティアで!?
過去の栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

元の世界から異世界に転移し、《軍神》の記憶を取り戻した奧黒比呂。
グランツ大帝国の窮地を救ったことで皇族から注目を集めた比呂のもとに、皇帝から招聘の書状が届く。
第二皇帝の末裔を名乗る比呂が赴いた帝都で待ち受けていたのは、第四皇子として王位継承権を得ること。
功績を上げれば継承順位を昇格すると告げられた比呂は、名声を得るためにリヒタイン公国との国境線へ身を投じる。
だが、戦場にはリヒタイン公国軍だけではなく、第三の勢力が迫っており――!?
再臨した《軍神》が覇を唱える異世界ファンタジー、第2幕!

リヒタイン公国との戦いを制した奥黒比呂は、国王より功績を讃えられるとともに新たな任務を命じられる。その内容は《紫銀姫》と呼ばれるレベリング王国の王女・クラウディアの成人の儀へ出席するという穏やかなものだった。
何事もなく終わるはずだったレベリング王国での祝宴。しかし、王太子のクーデターによって王国全土を巻き込んだ戦いへと発展してしまう。
クラウディアの手を借りて王都を脱出した比呂は、反撃の機会を窺うが、孤立無援のふたりにはわずかな戦力しか残されておらず――!?
再臨した《軍神》にさらなる試練が襲いかかる! 激変の第3巻、開幕――!

「「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ」の作品情報

レーベル
オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
ジャンル
ライトノベル 男性向け 異世界
ページ数
307ページ (神話伝説の英雄の異世界譚 1)
配信開始日
2015年5月25日 (神話伝説の英雄の異世界譚 1)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad