電子書籍 「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ ラノベ

著者:   イラスト: ミユキルリア 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神話伝説の英雄の異世界譚 1 あらすじ・内容

英雄は再び《軍神》として君臨する

奥黒比呂(おうぐろ ひろ)はかつてアレーティアという異世界に召喚され、《軍神(マルス)》として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。
その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に現代へと帰還する。
日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されてしまう。
――そこは、1000年後のアレーティアで!?
過去の栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

この作品を共有

「「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ」作品一覧

(13冊)

693〜715(税込)

まとめてカート

第六皇女・リズの敗退、《軍神乙女》アウラの孤立――。その知らせを聞いた比呂は急ぎ帝都へ帰還する。しかし、皇帝から拝したのは「アウラを見捨てよ」という無慈悲な下命だった。《軍神》に届きうる才を失う痛手を避けるべく、比呂は僅かな兵を率いて出立を決める。行き先は戦場のフェルゼン属州ではなく、裏で糸を引くドラール大公国――。一方、敗北し囚われの身となったリズは、グランツ大帝国に復讐を誓う亡国の皇女・スカアハと対面を果たす。怒りを露わにする彼女が携えた槍の名は《氷帝》――《炎帝》と相反する属性を持つ氷槍で!? 果たしてリズは比呂と再会することができるのか……!? 激動の第4巻、開幕!

フェルゼン属州でリズとアウラを救い出した比呂は、皇帝の召喚状を受けて大帝都への帰路を行く。
自分の考えで歩き始めたリズを見て、グランツ大帝国『千年の大計』の再現に確信を得た比呂はついに行動を開始する。――すなわち、他の王位継承者を失脚させ、リズを玉座につける計画の始動を。
次に踊る舞台は大帝都。第一皇子シュトベルと再びの邂逅を果たしたのもつかの間、北方の第二皇子セレネも姿を現し、ますます空気が張り詰めていく。皇帝との謁見にて、突如シュトベルは皇位継承権の放棄を宣言する。事態に騒然となる謁見の間。そして転がるグランツ大帝国皇帝の――――死体。

シュトベルの暗躍を食い止めることができなかった比呂とリズ。帝国内の混乱を避けるため、グランツ大帝国皇帝の死は隠された。しかし畳みかけるかのように帝都へ届く、六ツ国の侵攻とシュタイセン共和国による国境線への軍配備の知らせ。南方の防衛をリズたちに任せ、比呂は六つ国の軍勢十五万を食い止めるべく、僅か二万の兵を率いて西方へと向かう。第二皇子セレネやレベリング王国女王クラウディアと密約を交わし戦場へ向かう比呂だったが、かつての盟友《黒天五将》の末裔と刃を交えることになり……!?
再臨した《軍神》が帝国の未来を想い選ぶ道とは。衝撃の第6巻、開幕……!!