電子書籍 「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ ラノベ

著者:   イラスト: ミユキルリア 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神話伝説の英雄の異世界譚 1 あらすじ・内容

英雄は再び《軍神》として君臨する

奥黒比呂(おうぐろ ひろ)はかつてアレーティアという異世界に召喚され、《軍神(マルス)》として仲間と共に国を救い、周辺諸国を征服することで一大帝国を築きあげた。
その後、比呂は全てを捨てる覚悟を決め、記憶を失う代償に現代へと帰還する。
日々幸せを謳歌していた比呂だったが、なんの因果か再び異世界に喚び戻されてしまう。
――そこは、1000年後のアレーティアで!?
過去の栄光が『神話』となった世界で、『双黒の英雄王』と呼ばれた少年の新たな『神話伝説』が幕を開ける!

この作品を共有

「「神話伝説の英雄の異世界譚」シリーズ」作品一覧

(13冊)

693〜715(税込)

まとめてカート

《軍神》の死。その知らせはグランツ大帝国を駆け巡り、民は嘆き、悲しみ、そして怒りに震えた。比呂を喪ったリズ達の心の傷もまた深く、しかし六つ国との戦が彼女たちに悲しみに暮れることを許さなかった。一方、六つ国軍は取り逃がした《軍神》への対処を巡って2つに割れ、弟を殺されたルカは憎悪のままに虐殺を開始する。六つ国が侵攻を再開し、対応に追われる帝国のもとへ救援に現れたのは、レベリング王国女王クラウディア。そして彼女の傍らには仮面の男――《黒辰王》の姿があった。
《軍神》を喪った世界は、新たな局面を迎える。震撼の第7巻、開幕……!

比呂とリズ、2人の道が分かたれてから2年の月日が流れた――。
皇帝や《軍神》を喪った傷は根深く、権勢に綻びを見せ始めるグランツ大帝国。その中枢では、強く、美しく成長したリズが、ローザ達に支えられながら力を振るっていた。そしてリズは南方からの要請を受け、隣国であるシュタイセン共和国の新たな指導者を巡る争いに身を投じる。一方、《黒辰王(スルト)》としてバウム小国に身を置く比呂もまた、ある思惑からシュタイセン共和国へと赴くのだった。
群雄割拠の大陸を舞台に、リズの「王道」と比呂の「覇道」が絡み合い、新たな時代を紡ぎ出す! 怒涛の第8巻、開幕……!!

かつてはグランツ大帝国に並ぶほどの権勢を誇りながら、度重なる戦火に焼かれ、六ツ国に支配されるに至った悲劇の地――フェルゼン。喪われたフェルゼン王家唯一の生き残りにして《氷帝》の使い手であるスカアハは、盟友であるリズ達と共にいよいよフェルゼン奪還に臨む。悲願である祖国復興に燃えるスカアハの瞳――しかしその奥には、あまりにも悲痛な覚悟と焦燥があった。
一方、ある思惑からフェルゼン奪還に協力する《黒辰王》。スカアハやローザとの対面を果たす中、成長したリズの姿には異常なほどの動揺を見せ……?
戦場に雷鳴轟き、大陸はさらなる激動の時代へ! 第9巻、開幕……!!