電子書籍 クロニクル(ハヤカワ文庫NV) 文芸

著: リチャード・ハウス  訳者: 武藤陽生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

クロニクル1 トルコの逃避行 あらすじ・内容

よく聞け。問題が発生した。きみには消えてもらわなければならない――イラクの砂漠における大規模な建設計画に関わる英国人スティーブン・ローレンス・サトラーは、雇い主である企業HOSCOの幹部に現地を去るよう指示される。そして数時間後、爆発が起き、その陰で大金が盗まれた……金が消えたことも、自分が罠にかけられたことも知らぬまま、サトラーは逃亡をはじめる。犯罪と陰謀の深みを描き世界を圧倒した大型スリラー四部作、刊行開始!

この作品を共有

「クロニクル(ハヤカワ文庫NV)」最新刊

砂漠で男が発見された。身元の判別もできない悲惨な姿で……。はたして彼は追われていた人物なのか? 世界の読書人を圧倒した国際謀略スリラーにして罪の深みと人間心理の不可解さを描く驚異の四部作、ついに最終巻登場。

「クロニクル(ハヤカワ文庫NV)」作品一覧

(4冊)

810円〜900円(+税)

まとめてカート

よく聞け。問題が発生した。きみには消えてもらわなければならない――イラクの砂漠における大規模な建設計画に関わる英国人スティーブン・ローレンス・サトラーは、雇い主である企業HOSCOの幹部に現地を去るよう指示される。そして数時間後、爆発が起き、その陰で大金が盗まれた……金が消えたことも、自分が罠にかけられたことも知らぬまま、サトラーは逃亡をはじめる。犯罪と陰謀の深みを描き世界を圧倒した大型スリラー四部作、刊行開始!

サトラーの存在は、不可解で場違いだった……。借金を負ったレム・ガナーセンは、イラクの軍事基地キャンプ・リバティで作業員を率いる高報酬の仕事につく。長年無人だった基地の焼却坑では、イラク戦争の廃棄物が日々燃やされていた。レムと六人の民間作業員たちは作業に打ちこむが、ある日突然、謎の男サトラーが現れる。彼はいったい何者なのか? そして隔絶された地で進む陰謀とは? 破格の大型スリラー、第二巻登場!

イタリア、ナポリ。ある兄弟が小さな地下室を借りた。後日、人体の一部らしきものが入ったビニール袋が、地下室の入口で発見された。そして地下室は血の海になっていた……。この兄弟が残虐な殺人を犯したのだろうか? 行方不明のアメリカ人学生が被害者なのか? 奇怪なことに兄弟の犯罪は『ある殺人の記録』という本に影響されたようだった――ある犯罪と、その周辺でままならぬ人生にあえぐ人々を描く、驚愕の第三巻。

「クロニクル(ハヤカワ文庫NV)」の作品情報

レーベル
ハヤカワ文庫NV
出版社
早川書房
ジャンル
文芸 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
436ページ (クロニクル1 トルコの逃避行)
配信開始日
2015年6月5日 (クロニクル1 トルコの逃避行)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad