電子書籍 「怪盗探偵山猫」シリーズ 文芸

著者: 神永学  装画: 鈴木康士 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

怪盗探偵山猫 あらすじ・内容

『心霊探偵八雲』神永学のピカレスク・アクションミステリー!

闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫──出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!? ライターの勝村は事件を追い始めるが……!? 平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!? 鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る、謎の窃盗犯“山猫”の最初の大仕事。

この作品を共有

「「怪盗探偵山猫」シリーズ」最新刊

猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助けた勝村。少女は猿の娘と名乗り、父が遺したある物を見つけるために山猫を探しているという。かつて世間を賑わした窃盗団・三猿が関係しているらしいが……。

「「怪盗探偵山猫」シリーズ」作品一覧

(5冊)

520円〜640円(+税)

まとめてカート

闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫──出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!? ライターの勝村は事件を追い始めるが……!? 平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!? 鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る、謎の窃盗犯“山猫”の最初の大仕事。

“悪人”に天誅を下す「ウロボロス」と名乗る謎の集団の取材を進めていた雑誌記者・勝村。取材中に陥ったピンチを救ったのは、あの男だった!?――爽快ピカレスク・アクションミステリ。

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる! 姉を想う妹、新興宗教の教祖、夢を追うバンドマン、鬼と化した刑事。怒り、疑念、夢、そして執念。四つの“想い”が、炎を燃やす。痛快ピカレスク・ミステリー、四つの物語。

「「怪盗探偵山猫」シリーズ」のおすすめコメント

怪盗探偵山猫 じゃんけん(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/11/25

性格の悪いイケメン大好物です。

俺様で万能、窃盗のついでに悪事も暴き颯爽と姿を消す山猫、これだけ言うとすっごいカッコいいのに、ちょっとオッサンぽくて、だがそれがいい! 久しぶりにキャラ萌えをしてしまいました…この気持ちをどうしたらいいのか。 「金の前では…」という言葉が納得出来る名言が出てきたり、とにかくテンポよくさくさくと読めます。 平成のねずみ小僧って書いてありますがどちらかというとルパンっぽい感じでしょうか。 勝村と山猫がなんだかんだいいコンビになりそうで続編も楽しみです! 「心霊探偵八雲」のあの人達も出てきますので、既読だとさらに楽しめますよ。

「「怪盗探偵山猫」シリーズ」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸 日本文学 サスペンス 映像化決定
ページ数
358ページ (怪盗探偵山猫)
配信開始日
2013年4月4日 (怪盗探偵山猫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad