電子書籍 ちるらん 新撰組鎮魂歌 マンガ

漫画: 橋本エイジ  原作: 梅村真也 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ちるらん 新撰組鎮魂歌 1巻 あらすじ・内容

己の強さを求め、ただ闇雲に道場破りを繰り返す、若き日の土方歳三。そんな時、天然理心流・試衛館の近藤勇に挑み、敗北を喫す。土方は雪辱を誓い、試衛館の門を叩いた。最も強く、最も熱い新撰組が今始まる!!

この作品を共有
  

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」作品一覧

(30冊)

各618(税込)

まとめてカート

新撰組の前身となる壬生浪士組を結成。正式に会津藩預かりとなった土方たちだが、攘夷を目論む長州藩、土佐藩の刺客が立ちはだかる。刺客の名前は幕末の世を震撼させたふたりの「人斬り」田中新兵衛、そして岡田以蔵であった。

次々と刺客に襲われた壬生浪士組の面々。行動が敵に筒抜けており、内通者がいるのは間違いない。裏切り者は誰だ――互いが互いを疑い、混沌とする状況の中、 壬生浪士組から最初の死者がでる。

人斬り以蔵こと、岡田以蔵。如何にして以蔵は「人斬り」とよばれ、恐れられるまでになったのか。以蔵の過去、そして現在――誰よりも純粋に剣を愛し、だれよりも真っ直ぐに生き抜いた漢岡田以蔵、最後の瞬間。