電子書籍 ちるらん 新撰組鎮魂歌 マンガ

漫画: 橋本エイジ  原作: 梅村真也 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ちるらん 新撰組鎮魂歌 1巻 あらすじ・内容

己の強さを求め、ただ闇雲に道場破りを繰り返す、若き日の土方歳三。そんな時、天然理心流・試衛館の近藤勇に挑み、敗北を喫す。土方は雪辱を誓い、試衛館の門を叩いた。最も強く、最も熱い新撰組が今始まる!!

この作品を共有
  

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」作品一覧

(30冊)

各618(税込)

まとめてカート

100人を超す大所帯となった壬生浪士組は芹沢鴨一派と近藤一派のふたつに別れ、次第に対立を深めていく。そんなある日、近藤派の佐々木愛次郎が何者かに惨殺される事件が起きる。 壬生浪士組同士、血で血を洗う全面戦争開始の狼煙となる――

近藤一派と芹沢一派の争いが激化する中、新見錦の策謀が蠢き始める。新撰組の実権を手中にするため、数の力で押し迫る新見軍団。圧倒的劣勢の中、独りの男が立ちはだかった。男の名は『死神 原田左之介』。

京都の都で繰り広げられる新撰組の内部抗争。近藤派対芹沢派の全面対決は最終局面を迎え、ついにあの男が動く。『暴君 芹沢鴨』全てを飲み込み、混沌へと誘う芹沢鴨の真の狙いは――。