電子書籍 アルテ(ゼノンコミックス) マンガ

著: 大久保圭 
みんなの★
4.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アルテ 1巻 あらすじ・内容

16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。 そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。 女性がひとりで生きて行くことに理解のなかった時代、様々な困難がアルテを待ち受ける。

この作品を共有
  

「アルテ(ゼノンコミックス)」作品一覧

(15冊)

638〜660(税込)

まとめてカート

突然アルテの目の前に現れたヴェネツィアの名門貴族ファリエル家のユーリ。ユーリはアルテに、ヴェネツィアでの仕事を依頼する。一介の徒弟にとって望外の機会だったが、それは同時にレオとの別れを意味していた…自らの将来を左右する転機にアルテが下した結論とは?

新天地ヴェネツィアで画家として家庭教師として新たな生活を始めたアルテ。
しかし彼女を待っていたのは、わがまま令嬢のカタリーナだった。
カタリーナに振りまわされ悪戦苦闘するアルテだったが、
ある夜、少女の“秘密”を見てしまう。

ユーリからカタリーナの過去を聞き、自らを偽る理由を知ったアルテ。今のままでは彼女が幸せにならないと考えたアルテは、カタリーナ自身が過去と向き合うことを提案する。

「アルテ(ゼノンコミックス)」のおすすめコメント

アルテ 1巻 Michi(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2016/04/06

「女は度胸」なルネサンス時代の物語

「女の幸せは、結婚して家にいて、子供を産み育てる事」と誰もが信じていた16世紀のフィレンツェで、職人として自分自身で生きていくことを目指すアルテ。 人々の「既成概念」という強固な壁が彼女の前に立ちはだかる。 やれるものならやってみろと投げつけられる無理難題を、断固たる意思をもって乗り越えていく。 そして自分に足りないものは謙虚に受け止めて学ぶ姿勢。その姿は「竹」を連想させる。 強風に吹かれても、受け止め、流し、そして折れることはなく凛としてそこに立っている。 そして、少しずつ、理解者と味方を得て自分の道は自分で拓いていく。 このしなやかさと、謙虚さは現代社会にも通じる理でもあると思う。 彼女がやがて何処にたどり着くのか、1ファンとして見守っていきたい。 「女は度胸」という言葉は、いつの時代もきっと正しいのだ。