電子書籍 半七捕物帳(オリオンブックス) 文芸・小説

著: 岡本綺堂  イラスト: fumina 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

半七捕物帳 一 あらすじ・内容

岡本綺堂による時代小説。
幕末の江戸時代に活躍した岡っ引である半七の捕物帳。
明治になって新聞記者の私が数々の難事件を聞き出すお話。
近代日本における探偵小説の傑作。
1巻は「お文の魂」「石燈籠」「勘平の死」「湯屋の二階」「お化け師匠」「半鐘の怪」「奥女中」「帯取りの池」「春の雪解」「広重と河獺」の十話を収録。

この作品を共有

「半七捕物帳(オリオンブックス)」最新刊

岡本綺堂による時代小説。幕末の江戸時代に活躍した岡っ引である半七の捕物帳。明治になって新聞記者の私が数々の難事件を聞き出すお話。近代日本における探偵小説の傑作。第七巻は「吉良の脇指」「歩兵の髪切り」「川越次郎兵衛」「廻り燈籠」「夜叉神堂」「地蔵は踊る」「薄雲の碁盤」「二人女房」「白蝶怪」の九話を収録。

「半七捕物帳(オリオンブックス)」作品一覧

(7冊)

各200円 (+税)

まとめてカート

岡本綺堂による時代小説。
幕末の江戸時代に活躍した岡っ引である半七の捕物帳。
明治になって新聞記者の私が数々の難事件を聞き出すお話。
近代日本における探偵小説の傑作。
1巻は「お文の魂」「石燈籠」「勘平の死」「湯屋の二階」「お化け師匠」「半鐘の怪」「奥女中」「帯取りの池」「春の雪解」「広重と河獺」の十話を収録。

岡本綺堂による時代小説。
幕末の江戸時代に活躍した岡っ引である半七の捕物帳。
明治になって新聞記者の私が数々の難事件を聞き出すお話。
近代日本における探偵小説の傑作。
第二巻は「朝顔屋敷」「猫騒動」「弁天娘」「山祝いの夜」「鷹のゆくえ」「津の国屋」「三河万歳」「槍突き」「お照の父」「向島の寮」の十話を収録。

岡本綺堂による時代小説。幕末の江戸時代に活躍した岡っ引である半七の捕物帳。明治になって新聞記者の私が数々の難事件を聞き出すお話。近代日本における探偵小説の傑作。第三巻は「蝶合戦」「筆屋の娘」「鬼娘」「小女郎狐」「狐と僧」「女行者」「化け銀杏」「雪達磨」「熊の死骸」「あま酒売」の十話を収録。

「半七捕物帳(オリオンブックス)」の作品情報

レーベル
――
出版社
オリオンブックス
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
247ページ (半七捕物帳 一)
配信開始日
2015年6月12日 (半七捕物帳 一)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad