電子書籍 血文字の遺言 文芸

著: 名邑十寸雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

血文字の遺言partI「海檬果殺人事件」 あらすじ・内容

Part1「海檬果殺人事件」の舞台は台湾。特別捜査官・郷左六の登場から子守りの殺人事件、巨額詐欺の仕掛けと犯罪事件、そして「血文字」意味が暗示され、スピード感溢れる推理サスペンスのめくるめく展開となる。そして謎解きの殺人事件は、路傍の占い師の登場から思想的背景を暗示させる深みをかもし、悟りとは何かという奇妙な問いかけも束の間、再び海檬果(ハイモンク)による殺人事件の謎が深まる、巨大な国際組織と暗躍する群雄と南禅思想を背景とした、無類のミステリー・サスペンス。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。

この作品を共有

「血文字の遺言」最新刊

Part3「8 1/2の謎」はいよいよクライマックス。郷左六とともに、超人的な力を発揮する菅原健という魅力ある元軍人の活躍などで、二人の首魁で構成された犯罪グループは最期を迎える。黒幕は、論理的冷酷さを持った現実に世の頂点に立つリーダーの典型と世にも恐ろしい狂人。決戦から暗合解読防止機「血文字」を発見し、「将来も継続する争い」を断つ為に死刑台に向かう暗躍した右近が意味するもの。その右近の死で完結すると思いきや、意外にも終幕で登場する真犯人は、史実でも伝説化している老婆? どんでんがえしのエピローグははてしなく、「血文字の遺言」の謎解きへの想いを引いていきます。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。

「血文字の遺言」作品一覧

(3冊)

各680円 (+税)

まとめてカート

Part1「海檬果殺人事件」の舞台は台湾。特別捜査官・郷左六の登場から子守りの殺人事件、巨額詐欺の仕掛けと犯罪事件、そして「血文字」意味が暗示され、スピード感溢れる推理サスペンスのめくるめく展開となる。そして謎解きの殺人事件は、路傍の占い師の登場から思想的背景を暗示させる深みをかもし、悟りとは何かという奇妙な問いかけも束の間、再び海檬果(ハイモンク)による殺人事件の謎が深まる、巨大な国際組織と暗躍する群雄と南禅思想を背景とした、無類のミステリー・サスペンス。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。

Part2「ノスタルジア号遭難」は「メアリー・セレスト号の遭難」という実話がヒント。快刀乱麻の活躍で人を煙にまく、主人公の一人・郷左六の過去が暴かれる。伊藤正三との師弟関係、不知火狂介との因縁の確執、十連続殺人事件の犯人として獄中の人となる朝西正の因縁がつぎつぎと事件を生み、謎を深めていく。そこに突然の郷左六暗殺。そこから左六の幼少期の白昼夢へと静まるが、死刑執行を目前に解決に走る左六の復活で事件は意外な解決へと向かう。背景に「道を求める精神」を滲ませ、ミステリー・サスペンスはおどろくほどの深い読後感をもたらします。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。

Part3「8 1/2の謎」はいよいよクライマックス。郷左六とともに、超人的な力を発揮する菅原健という魅力ある元軍人の活躍などで、二人の首魁で構成された犯罪グループは最期を迎える。黒幕は、論理的冷酷さを持った現実に世の頂点に立つリーダーの典型と世にも恐ろしい狂人。決戦から暗合解読防止機「血文字」を発見し、「将来も継続する争い」を断つ為に死刑台に向かう暗躍した右近が意味するもの。その右近の死で完結すると思いきや、意外にも終幕で登場する真犯人は、史実でも伝説化している老婆? どんでんがえしのエピローグははてしなく、「血文字の遺言」の謎解きへの想いを引いていきます。「血文字」とは何か? 読者の世界観を崩壊させる、夢寐(むび)の欠片がミステリーになった、純文学を超えたミステリー・サスペンスの傑作三部作。ストイックでカリスマの魅力溢れる現代の群雄列伝を描いた、超新星文豪、鬼才・名邑十寸雄(なむらときお)渾身の書き下ろし。

「血文字の遺言」の作品情報

レーベル
――
出版社
知玄舎
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス サスペンス
ページ数
220ページ (血文字の遺言partI「海檬果殺人事件」)
配信開始日
2015年6月17日 (血文字の遺言partI「海檬果殺人事件」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad