電子書籍 シドニー無分別庵便り 文芸

著: 永淵閑 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

シドニー無分別庵便り[第1巻]――滅びてほしくない民族ニホンジンと朝日新聞問題 あらすじ・内容

本書は、シドニー在住の著者が、あなたへの手紙の形でまとめた日々の所感です。今回は、全部で7つの項目について、述べています。1滅びてほしくない民族・ニホンジン(海外在住者の眼)、2安すぎる中国産のうな丼(夕食日記)、36種類の仏教(宗教の時間)、4イギリス人の常識(読んで・考える)、5ハラキリと朝日新聞(白日夢)、6中退という言葉がない豪州の大学(教育とは何ぞや)、7知得と体得(大拙を読む)、それに、「下手の横好きですが」というタイトルで日々の心境を俳句にまとめています。どの項目も、著者独特の視点で、読者のあなたへ問題を投げかけています。著者は、世界の魁として人格進化しつつあるニホンジンの役割りを、あなたに考えさせてくれています。読者のあなたは、ちょっとショックを受けたりしながら、眼からウロコがキラキラ落ちていくのに気がつくでしょう。著者は、本書を通じて、ニホンジンであるというのは、どういうことであるのか、人間として生きるというのは、どういうことであるのか、を再認識するいい機会を与えてくれています。あなたの魂に語りかけてくる「シドニー無分別庵便り」シリーズ、ここに第1巻目をお届けします。

この作品を共有

「シドニー無分別庵便り」最新刊

シドニー在住の著者が、日本という国と文化と、それを育んできたニホンジンという民族を、世界的な視野から見つめつつ、心にふれた日々の所感を、わたしたち日本人のハートに伝えるメッセージ、第5卷目をお届けします。今回は4項目、1無分別神社・死者に敵も味方もない(軍師クスタ君)、2高倉健という文体・男は、いかに生きれば美しいか(ニホンジン論)、ブレークとして、無分別庵句会、3生きながら死人となりて……(宗教の時間)、4悟りと無分別(3)(大拙ノート)。海外在住のニホンジンだからこそ見えてくる、世界のなかの日本とニホンジンの使命--。それを考えさせ、再認識させてくれる問題提起を満載。

「シドニー無分別庵便り」作品一覧

(5冊)

100円〜300円(+税)

まとめてカート

本書は、シドニー在住の著者が、あなたへの手紙の形でまとめた日々の所感です。今回は、全部で7つの項目について、述べています。1滅びてほしくない民族・ニホンジン(海外在住者の眼)、2安すぎる中国産のうな丼(夕食日記)、36種類の仏教(宗教の時間)、4イギリス人の常識(読んで・考える)、5ハラキリと朝日新聞(白日夢)、6中退という言葉がない豪州の大学(教育とは何ぞや)、7知得と体得(大拙を読む)、それに、「下手の横好きですが」というタイトルで日々の心境を俳句にまとめています。どの項目も、著者独特の視点で、読者のあなたへ問題を投げかけています。著者は、世界の魁として人格進化しつつあるニホンジンの役割りを、あなたに考えさせてくれています。読者のあなたは、ちょっとショックを受けたりしながら、眼からウロコがキラキラ落ちていくのに気がつくでしょう。著者は、本書を通じて、ニホンジンであるというのは、どういうことであるのか、人間として生きるというのは、どういうことであるのか、を再認識するいい機会を与えてくれています。あなたの魂に語りかけてくる「シドニー無分別庵便り」シリーズ、ここに第1巻目をお届けします。

シドニー在住の著者が、日本という国と文化と、それを育んできたニホンジンという民族を、世界的な視野から見つめつつ、心にふれた日々の所感を、わたしたち日本人のハートに伝えるメッセージです。今回の項目は6つ、1.過ちは二度といたしません(海外在住者の眼)、2.キケンなピーナッツ(夕食日記)、3.トルーデおばさん(読んで・考える)、4.ゴルフと孫へのペナルティー(教育とは何ぞや)、5.私が首相なら(白日夢)、6.4人のイエス(宗教の時間)。世界の魁として人格進化しつつあるニホンジンの役割りは何なのか? ニンゲンとして生きるとはどういうことであるのか? 海外在住のニホンジンだからこそ見えてくる、世界のなかの日本とニホンジンの使命――。それを考えさせ、再認識させてくれる問題提起を満載。あなたの魂に語りかける「シドニー無分別庵便り」シリーズ、ここに第2巻目をお届けします。

シドニー在住の著者が、日本という国と文化と、それを育んできたニホンジンという民族を、世界的な視野から見つめつつ、心にふれた日々の所感を、わたしたち日本人のハートに伝えるメッセージ――。1中国人要人ラチの方法(私が軍師なら)、2ユダヤ教・キリスト教・イスラムの神の名は?(宗教の時間)、3サンマのハラワタは食べない(夕食日記)、4司馬遼太郎を読む(1)(読書ノート)、5マラソンの距離を覚えていますか(So what ? の時間)、6State / Nation / Countryの違い(定義)。世界の魁として人格進化しつつあるニホンジンの役割りは何なのか? ニンゲンとして生きるとはどういうことであるのか? 海外在住のニホンジンだからこそ見えてくる、世界のなかの日本とニホンジンの使命――。あなたの魂に語りかける「シドニー無分別庵便り」シリーズ第3巻目をお届けします。

「シドニー無分別庵便り」の作品情報

レーベル
――
出版社
知玄舎
ジャンル
文芸 エッセイ 哲学 文化 思想
ページ数
42ページ (シドニー無分別庵便り[第1巻]――滅びてほしくない民族ニホンジンと朝日新聞問題)
配信開始日
2015年6月17日 (シドニー無分別庵便り[第1巻]――滅びてほしくない民族ニホンジンと朝日新聞問題)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad