電子書籍 ボスは最高! 文芸・小説

著者: カーラ・キャシディ  翻訳者: 雨宮幸子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キスはオフィスで あらすじ・内容

変わらぬ魅力をたたえた彼のそばで、気持ちを秘めておけるのだろうか。

雪降るボストンの街角で高層ビルを見あげ、キャットは気後れを感じていた。これからかつての恋人、ネイトと一緒に働くのだ。五年前、仕事か彼か選ぶよう迫られ、キャットは断腸の思いで別れを告げた。二人で過ごしたすばらしい日々のことを、ネイトは今でも覚えているかしら?そんな甘い追憶はオフィスに入ったとたんに消えた。迎えたネイトの冷たい瞳は、かかわる気はないとはっきり語っていた。■いよいよ独身貴族の重役たちも二人だけとなりました。はたしてキャットは、仕事に夢中なネイトの心を再びつかむことができるでしょうか?

この作品を共有

「ボスは最高!」作品一覧

(5冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

父が独身重役の一人と結婚させようとするのを阻止するため、エミリーは候補の重役たちの縁結びに奔走した。努力が実り、五人の重役たちが花嫁を見つけた。これで安心して仕事に専念できる。だが、安堵したのもつかのまだった。なんと父は彼女に、最後に残った独身重役ジャックとリノへ出張するよう命じたのだ。しかもホテルではなく自分の別荘に泊まれとまで言う。怒りに打ち震えながらも、社長である父には逆らえず、エミリーはうなずくことしかできなかった。

サマンサは目の前に立つたくましい男性を見て動揺した。
リード・コナーズ。かつて夢のような時間を分かちあったあと、
彼女を捨て去り、何の連絡もよこさなかった人。
彼に恋した代償はあまりにも大きく、
サマンサは自分の夢も家族も失い、懸命に生きてきた。
ようやく心の傷も癒えたころに、なぜ現れるの?
冷ややかな態度をとるサマンサに向かって、
リードは陰りをたたえて言った。
「ぼくたちは惹かれあっているんだ」