電子書籍 鯨魂 マンガ

著: 牛次郎  著: 川本コオ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鯨魂(1) あらすじ・内容

銭貫一二三(ぜにつら・ひふみ)は数多くの娯楽事業体を傘下に収める巨大会社・マリリンの総帥。「銭の操り人形になるやつはアホだ! 銭ってのは操るもんだ!」と主張し、金儲けに、女にと、人並み外れたパワーを発揮するその様を人は“怪物”“鯨”と称する。銭貫を通して現代社会の本質を鋭く描く社会派大作!

この作品を共有
  

「鯨魂」最新刊

秋吉の銭貫に対する攻撃は、ますます激しさを増してきた。飽くなき闘争に身も心もすり減らし、更には信頼していた部下に裏切られた銭貫は、さすがに疲れを見せる…。そんな銭貫が最後に求めた安住の地、それは――。金権怪物・銭貫を通して社会を描いた社会派大作、ここに完結!

「鯨魂」作品一覧

(10冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

銭貫一二三(ぜにつら・ひふみ)は数多くの娯楽事業体を傘下に収める巨大会社・マリリンの総帥。「銭の操り人形になるやつはアホだ! 銭ってのは操るもんだ!」と主張し、金儲けに、女にと、人並み外れたパワーを発揮するその様を人は“怪物”“鯨”と称する。銭貫を通して現代社会の本質を鋭く描く社会派大作!

図体も鯨なみなら、肝っ玉も鯨なみの、常識外の銭ゲバ怪物・銭貫一二三! 銭と女を思いのままにし、怖いもの無しの銭貫だったが、天敵とも言える男が現れた。それは関都銀行の頭取・伊集院である。自らがどうあがこうと持てないであろうその上品な佇まいを見て闘志を燃やした銭貫は、異常とも言える執念で伊集院に迫っていく。

神をも恐れぬ金権怪物・銭貫一二三と、代々続く銀行家という家柄を誇りにしている関都銀行頭取・伊集院の対立はますます激しくなってきた。銭貫は、愛人の秋子を通して伊集院の愛人スキャンダルを掴み、それと同時に関都銀行に対しては取りつけ騒ぎを仕掛けるなど、あの手この手で伊集院を攻撃。それに対して伊集院は、銭貫の会社が行っている兵器輸出を突いて世論を“反銭貫”へと導き、反撃してきた!

「鯨魂」の作品情報

レーベル
――
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
336ページ (鯨魂(1))
配信開始日
2015年6月16日 (鯨魂(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad