電子書籍 それでも町は廻っている マンガ

限定特典あり 完結
著者: 石黒正数 
みんなの★
4.9

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

それでも町は廻っている(1) あらすじ・内容

人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

  • シェア:
  

「それでも町は廻っている」作品一覧

(16冊)

各550(税込)

まとめてカート

下町、丸子商店街のフツーの喫茶店シーサイドは、何故かメイド喫茶。女子高生探偵に憧れる嵐山歩鳥、萌えの精神を理解するメガネ娘タッツン、店主のババア(毒蝮流に言えば)で営業中。商店街や学校の難事件を解決!するわけでもない歩鳥の日常。

女子高生探偵に憧れる天然少女・嵐山歩鳥は、地元の丸子商店街に突如存在するメイド喫茶・シーサイドでアルバイト中。名物はバアサンと歩鳥、そしてメガネの似合う正統メイドのタッツンのなにげない日々。

まさに、天真爛漫!女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。自らも突如存在する夜はスナックへと変貌をとげるメイド喫茶「シーサイド」のメイドさんだけに、商店街も学校も、お母の実家だっていつも賑わってます。正統派メイドのタッツン、歩鳥の弟タケルの気になるエビちゃんなど、萌え要素もあるから、メイド好きも楽しめるコメディー。