電子書籍 NA建築家シリーズ 実用

編集: 日経アーキテクチュア 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

NA建築家シリーズ 伊東豊雄 増補改訂版 あらすじ・内容

変化し続ける40年を自ら語る-。建築家・伊東豊雄の変遷を、代表作品と時代ごとのインタビュー、対談などでつづった1冊。大きな転機となった「せんだいメディアテーク」のコンペ報告も収録、完成時のインタビューでは、「設計をやめたいと思ったことさえあった」と語った伊東氏の本音や葛藤を数多く収録し、伊東氏と親交が深い50人が語る「伊東豊雄の核心」も掲載。2013年、東日本大震災で被災した人たちのための小さな共有スペース『みんなの家』などの取り組みが評価され、日本人としての6人目のプリツカー賞を受賞。この改訂版では『みんなの家』ほかの近作と、震災後の新境地を語ったインタビューなどを増補しました。伊東氏の創作の秘密と、「3.11」後、さらに変化する新境地に迫る内容となっています。
※2010年に発行した初版に近作とインタビュー記事など32ページを増補した改訂版です。

  • シェア:

「NA建築家シリーズ」最新刊

なぜ設計の枠を超え、拡大するのか?
なぜ和から転じたのか?
大江匡氏が率いるプランテックグループの30年間を検証します。
惠庵 /木村美術館
村上開新堂 /山口蓬春記念館
白想居 /大樋ギャラリー
ファンハウス /NACOM
細見美術館 /SANKYO新東京本社ビル
ソフトピアジャパン・ドリーム・コア /Akebono Crystal Wing
玉川高島屋S・C新南館 /愛知万博三井・東芝館
Sony City /日産テクニカルセンター再構築
日産エンジニアリングセンター増築 /上海環球金融中心・展望施設
柏高島屋ステーションモール新館 /ファーストキャビン御堂筋難波
南海ターミナルビル改修 /御用蔵
武田薬品工業湘南研究所 /赤坂ビジネスプレイス
Ai-Village /スタンレー電気本社ビル
建築界を揺さぶる「大江語録」
■ 建築の本質は建築の中にはない。
■ 「作品」や「デザイン」という言葉は建築に似つかわしくない。
■ デザインの力が失われることは永遠にない。
■ 「プランテック」というブランドをつくりたかった。
■ 賞をもらうために頑張る気はさらさらない。
■ 2000人まで組織を大きくしても大丈夫だと確信した。
■ 品質管理を突き詰めていくと、職人を社員にすることも必要だ。
本書のための特別対談「この人と語る建築の未来」
● 01 大江匡 × 内藤廣[建築家]×馬場璋造[建築評論家]
● 02 大江匡 × 御立尚資[ボストン・コンサルティング・グループ日本代表]
● 03 大江匡 × 佐治信忠[サントリーホールディングス会長]

「NA建築家シリーズ」作品一覧

(8冊)

3,300〜3,850(税込)

まとめてカート

変化し続ける40年を自ら語る-。建築家・伊東豊雄の変遷を、代表作品と時代ごとのインタビュー、対談などでつづった1冊。大きな転機となった「せんだいメディアテーク」のコンペ報告も収録、完成時のインタビューでは、「設計をやめたいと思ったことさえあった」と語った伊東氏の本音や葛藤を数多く収録し、伊東氏と親交が深い50人が語る「伊東豊雄の核心」も掲載。2013年、東日本大震災で被災した人たちのための小さな共有スペース『みんなの家』などの取り組みが評価され、日本人としての6人目のプリツカー賞を受賞。この改訂版では『みんなの家』ほかの近作と、震災後の新境地を語ったインタビューなどを増補しました。伊東氏の創作の秘密と、「3.11」後、さらに変化する新境地に迫る内容となっています。
※2010年に発行した初版に近作とインタビュー記事など32ページを増補した改訂版です。

木材や紙管を用いた建築で世界の注目を集める坂茂。プリツカー賞受賞後の主要作を加えた増補改訂版。
2017年4月に完成した、パリの音楽ホール「ラ・セーヌ・ミュジカル」をはじめ、プリツカー賞を受賞した2014年以降の主要作品も紹介。また、国内外の被災地での取り組みも追加しました。
ボーダーレスに広がる坂茂の活動を過去から現在まで、すべてを網羅した、木造という注目分野の実務教本であり、海外にチャンスを見出したい人のための「生き方」の指南書でもあります。
◎増補改訂版で収録したプロジェクトは以下の通り。
 ・ラ・セーヌ・ミュジカル(2017年)
 ・大分県立美術館(2015年)
 ・女川駅、女川温泉ゆぽっぽ(2015年)
 ・タメディア新本社(2013年)
 ・紙のカテドラル(2013年)
◎「被災地・紛争地マップ活動マップ」(CHAPTER1)は、2013年以降の取り組みも加えて再構成した。

現代を代表する建築家の建築物と思考の変遷をたどるシリーズ書籍の第2弾。
建築家・隈研吾の変遷を代表作品とインタビュー、対談、事務所ルポなどで綴りました。問題作「M2」に至る批評活動や方法論、転機となった「広重」など主要プロジェクトを設計のアプローチごとにまとめています。“対談の名手”と言われる一面を披露した特別対談も収録。建築作品だけではわからない隈研吾ワールドを存分にお楽しみいただける一冊です。

「NA建築家シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
日経BP
ジャンル
実用
ページ数
338ページ (NA建築家シリーズ 伊東豊雄 増補改訂版)
配信開始日
2015年6月18日 (NA建築家シリーズ 伊東豊雄 増補改訂版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad