電子書籍 人工知能 人類最悪にして最後の発明 実用

著: ジェイムズ・バラット  訳者: 水谷淳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

人工知能 人類最悪にして最後の発明 あらすじ・内容

2045年、AIは人類を滅ぼす――Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。その「進化」がもたらすのは、はたして明るい未来なのか? ビル・ゲイツすら危惧するその実態を徹底的に取材し、そのあまりにも恐ろしい予測が全米で議論を巻き起こした禁断の書、ついに日本上陸。

この作品を共有

「人工知能 人類最悪にして最後の発明」最新刊

2045年、AIは人類を滅ぼす――Google、IBMが推し進め、近年爆発的に進化している人工知能(AI)。その「進化」がもたらすのは、はたして明るい未来なのか? ビル・ゲイツすら危惧するその実態を徹底的に取材し、そのあまりにも恐ろしい予測が全米で議論を巻き起こした禁断の書、ついに日本上陸。

「人工知能 人類最悪にして最後の発明」の作品情報

レーベル
――
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
実用 科学
ページ数
412ページ (人工知能 人類最悪にして最後の発明)
配信開始日
2015年6月22日 (人工知能 人類最悪にして最後の発明)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad