電子書籍 2.43清陰高校男子バレー部(集英社文庫) 文芸

著者: 壁井ユカコ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

2.43清陰高校男子バレー部 1 あらすじ・内容

東京の強豪中学バレー部でトラブルを起こした灰島公誓は、母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会する。ほとんど活動も行われていないバレー部で、一人黙々と練習を始める灰島だが……。ずばぬけた身体能力を持つがヘタレな黒羽と、圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との軋轢を引き起こす問題児・灰島を中心に、田舎の弱小バレー部の闘いが始まる! 純粋で真っ直ぐな青春小説、誕生。

この作品を共有

「2.43清陰高校男子バレー部(集英社文庫)」最新刊

春の高校バレー開幕! 初出場を決めた福井県代表・清陰高校。待ち受ける対戦相手は、身長202cmの未来の日本代表候補、川島賢峻を擁する北海道代表・鹿角山高校、インターハイを制した全国王者の福岡県代表・箕宿高校、強いバレーを目指す監督のもと全国から選手が集う東京都代表・景星学園……。だが清陰は、全国の強豪に臆することなく、築き上げてきたチームの力で頂点を目指す。身長163cmの熱血主将・小田と、秀才で毒舌家の副将・青木の3年生コンビ。急遽マネージャーとしてスカウトされた女バレの末森と、彼女に中学時代から想いを寄せてきた棺野の2年生コンビ。そして、セッターとして天才的な力を持ちながら他人と摩擦を起こしてばかりの灰島と、圧倒的な運動能力を持つエースだがプレッシャーに弱い黒羽の1年生コンビ。この仲間で戦えるのは、今年の春高が最後。だからこそ、負けられない。タイトルの「2.43」は一般男子試合時のネットの高さ「2メートル43センチ」のこと。ウェブ連載で連続アクセス数1位、爆発的な人気を記録した青春スポーツ小説です。(現在、集英社のコミック誌「ココハナ」にて、今作の装画も担当されている人気漫画家・山川あいじさんによるコミカライズ版が大好評連載中!)

「2.43清陰高校男子バレー部(集英社文庫)」作品一覧

(5冊)

480円〜1,530円(+税)

まとめてカート

東京の強豪中学バレー部でトラブルを起こした灰島公誓は、母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会する。ほとんど活動も行われていないバレー部で、一人黙々と練習を始める灰島だが……。ずばぬけた身体能力を持つがヘタレな黒羽と、圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との軋轢を引き起こす問題児・灰島を中心に、田舎の弱小バレー部の闘いが始まる! 純粋で真っ直ぐな青春小説、誕生。

高一の夏。清陰高校バレー部で改めてチームメイトになった黒羽と灰島は、個性的な先輩たちと共に全国を目指し練習に明け暮れていた。一年前の一件を引きずってぎくしゃくしていた二人だが、夏合宿で互いへの信頼を取り戻す。そして、期待が高まる中で迎えた県高校秋季大会。順調に勝ち上がってゆく清陰高校だが、準決勝を前にまたもや事件が――。まぶしくひたむきな青春小説、第二弾!

万年一回戦負けの弱小チームだった清陰高校男子バレー部。だが天才セッター灰島、発展途上のエース黒羽の入部により、全国大会を目指して大きく変わり始める。一方で県内に敵なしの常勝校・福蜂工業高校のエースで主将の三村には、男子マネージャーの越智との「約束」を高校最後の全国大会で叶えねばならない理由があった。県予選を前に、両校は練習試合をすることになり!? 青春スポーツ小説!

「2.43清陰高校男子バレー部(集英社文庫)」の作品情報

レーベル
集英社文庫
出版社
集英社
ジャンル
文芸 部活 キャラ文芸
ページ数
245ページ (2.43清陰高校男子バレー部 1)
配信開始日
2015年7月3日 (2.43清陰高校男子バレー部 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad