電子書籍 「しきもんつかいはヒミツの柊さん」シリーズ ラノベ

完結
著者: 桂木たづみ  イラストレーター: パセリ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

100ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

しきもんつかいはヒミツの柊さん あらすじ・内容

GA文庫大賞奨励賞の不思議系ボーイ・ミーツ・ガール開幕!

「中学時代の恥ずかしい思い出話をしてください! ゆんてぃぶらぶろは思春期の男子の、中学時代の恥ずかしい思い出話が大嫌いなんです」 「だから本当に、どんな生物だよ、しきもんってヤツは──」 高校生の山本元春は、柊もえぎの持っていた「しきもん大百科」に触れて以来、不思議な生物『しきもん』が見えるようになってしまった。自分のことを『しきもんつかい』と名乗るもえぎのマイペースっぷりと『しきもん』のおかしな生態に興味をひかれる元春。だが、彼女といっしょに行動するうちに、いつしか騒動に巻き込まれてしまい――!? GA文庫大賞奨励賞の不思議系ボーイ・ミーツ・ガール開幕! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「しきもんつかいはヒミツの柊さん」シリーズ」最新刊

関西弁少女・ハナハナと日本刀女・綾瀬雪白がいがみあい、それを柊もえぎがスルーしつつ、しきもん大百科を眺める。そんな中庭の光景が、いまや山本元春にとっては日常になりつつあった。だがそんなある日、元春は学校で人気の美少女、桜野咲乃から屋上に呼び出される。「山本くん、あたしと付き合ってくれない?」 それほど接点のなかった女子からの告白に、喜ぶより先に驚く元春。おまけに元春たちが毎日集まってなにをやっているのか、咲乃が詮索しはじめて、平和な(?)中庭にも暗雲が――!? 不思議系ボーイ・ミーツ・ガール第二弾、登場! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「しきもんつかいはヒミツの柊さん」シリーズ」作品一覧

(2冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

「中学時代の恥ずかしい思い出話をしてください! ゆんてぃぶらぶろは思春期の男子の、中学時代の恥ずかしい思い出話が大嫌いなんです」 「だから本当に、どんな生物だよ、しきもんってヤツは──」 高校生の山本元春は、柊もえぎの持っていた「しきもん大百科」に触れて以来、不思議な生物『しきもん』が見えるようになってしまった。自分のことを『しきもんつかい』と名乗るもえぎのマイペースっぷりと『しきもん』のおかしな生態に興味をひかれる元春。だが、彼女といっしょに行動するうちに、いつしか騒動に巻き込まれてしまい――!? GA文庫大賞奨励賞の不思議系ボーイ・ミーツ・ガール開幕! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

関西弁少女・ハナハナと日本刀女・綾瀬雪白がいがみあい、それを柊もえぎがスルーしつつ、しきもん大百科を眺める。そんな中庭の光景が、いまや山本元春にとっては日常になりつつあった。だがそんなある日、元春は学校で人気の美少女、桜野咲乃から屋上に呼び出される。「山本くん、あたしと付き合ってくれない?」 それほど接点のなかった女子からの告白に、喜ぶより先に驚く元春。おまけに元春たちが毎日集まってなにをやっているのか、咲乃が詮索しはじめて、平和な(?)中庭にも暗雲が――!? 不思議系ボーイ・ミーツ・ガール第二弾、登場! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「しきもんつかいはヒミツの柊さん」シリーズ」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け GA文庫大賞 ラブコメディ
ページ数
294ページ (しきもんつかいはヒミツの柊さん)
配信開始日
2013年4月11日 (しきもんつかいはヒミツの柊さん)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad