電子書籍 GP CAR STORY 実用

著者: 三栄書房 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

GP Car Story Vol.24 あらすじ・内容

■見どころ:ベネトンB194・フォード ロリー・バーンの“理想型”に向けられた疑いの眼差し

■見どころ:
ベネトンB194・フォード ロリー・バーンの“理想型”に向けられた疑いの眼差し

■目次:
Prologue It was natural to win
混迷のシーズンに若き皇帝、立つ しかし、その強さはまだ「不完全」──Flash Back
絶対性能よりもバランスで勝負──B194 Manual
カリスマを開眼させたB194──ロリー・バーンが語る“生涯忘れられないマシン”
B194 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
どこからも攻められる“戦闘マシン”──パット・シモンズが明かすB194のエンジニアリングの本質
B194 Detail File──マシンの細部を探る
タイムリミット“7カ月”の挑戦──たったひとりで史上最強V8エンジンを設計した男/ニック・ヘイズ
1994年の風景(その2)
「限りなく黒に近いグレー」この周囲の印象と戦った当事者たちが語る「真実」を追う
もみけされた給油機の不都合──「フィルターは無関係」、ロリーポップマンの証言
ベネトンの“功績”と“罪過”──F1界にもたらしたピット戦略とレギュレーションの裏をついたマシン開発
特集 関係者が語る「ミハエルとベネトンの1994年」常識破りのベネトン・ブルー──日本のやり方、F1のやり方を変えたJTの国際戦略とは
ミハエルはマクラーレンへ行きたがっていた 1 ウイリー・ウェバー
私は“彼ら”を非難しない 2 デイモン・ヒル
“普通の人”なのに、あそこまで成功したミハエルはすごい 3 片山右京
ミハエルの強さはフラビオの仕業さ 4 ジョニー・ハーバート
御せないなら、そこまでだ──シューマッハー不在の2戦が炙り出したドライバーの実力差
緻密でこそあれ違法ではないやり方/トップチームとしての準備不足──GP Car的B194総括
巨星が突然落ち、新星が輝いた 1994年のF1世界選手権を振り返る/B194全戦リザルト
次号予告/GP Model Story/プレゼント
Epilogue

この作品を共有

「GP CAR STORY」最新刊

■見どころ:
ベネトンB194・フォード ロリー・バーンの“理想型”に向けられた疑いの眼差し

■目次:
Prologue It was natural to win
混迷のシーズンに若き皇帝、立つ しかし、その強さはまだ「不完全」──Flash Back
絶対性能よりもバランスで勝負──B194 Manual
カリスマを開眼させたB194──ロリー・バーンが語る“生涯忘れられないマシン”
B194 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
どこからも攻められる“戦闘マシン”──パット・シモンズが明かすB194のエンジニアリングの本質
B194 Detail File──マシンの細部を探る
タイムリミット“7カ月”の挑戦──たったひとりで史上最強V8エンジンを設計した男/ニック・ヘイズ
1994年の風景(その2)
「限りなく黒に近いグレー」この周囲の印象と戦った当事者たちが語る「真実」を追う
もみけされた給油機の不都合──「フィルターは無関係」、ロリーポップマンの証言
ベネトンの“功績”と“罪過”──F1界にもたらしたピット戦略とレギュレーションの裏をついたマシン開発
特集 関係者が語る「ミハエルとベネトンの1994年」常識破りのベネトン・ブルー──日本のやり方、F1のやり方を変えたJTの国際戦略とは
ミハエルはマクラーレンへ行きたがっていた 1 ウイリー・ウェバー
私は“彼ら”を非難しない 2 デイモン・ヒル
“普通の人”なのに、あそこまで成功したミハエルはすごい 3 片山右京
ミハエルの強さはフラビオの仕業さ 4 ジョニー・ハーバート
御せないなら、そこまでだ──シューマッハー不在の2戦が炙り出したドライバーの実力差
緻密でこそあれ違法ではないやり方/トップチームとしての準備不足──GP Car的B194総括
巨星が突然落ち、新星が輝いた 1994年のF1世界選手権を振り返る/B194全戦リザルト
次号予告/GP Model Story/プレゼント
Epilogue

「GP CAR STORY」作品一覧

(19冊)

926円〜1,048円(+税)

まとめてカート

■見どころ:
ベネトンB194・フォード ロリー・バーンの“理想型”に向けられた疑いの眼差し

■目次:
Prologue It was natural to win
混迷のシーズンに若き皇帝、立つ しかし、その強さはまだ「不完全」──Flash Back
絶対性能よりもバランスで勝負──B194 Manual
カリスマを開眼させたB194──ロリー・バーンが語る“生涯忘れられないマシン”
B194 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
どこからも攻められる“戦闘マシン”──パット・シモンズが明かすB194のエンジニアリングの本質
B194 Detail File──マシンの細部を探る
タイムリミット“7カ月”の挑戦──たったひとりで史上最強V8エンジンを設計した男/ニック・ヘイズ
1994年の風景(その2)
「限りなく黒に近いグレー」この周囲の印象と戦った当事者たちが語る「真実」を追う
もみけされた給油機の不都合──「フィルターは無関係」、ロリーポップマンの証言
ベネトンの“功績”と“罪過”──F1界にもたらしたピット戦略とレギュレーションの裏をついたマシン開発
特集 関係者が語る「ミハエルとベネトンの1994年」常識破りのベネトン・ブルー──日本のやり方、F1のやり方を変えたJTの国際戦略とは
ミハエルはマクラーレンへ行きたがっていた 1 ウイリー・ウェバー
私は“彼ら”を非難しない 2 デイモン・ヒル
“普通の人”なのに、あそこまで成功したミハエルはすごい 3 片山右京
ミハエルの強さはフラビオの仕業さ 4 ジョニー・ハーバート
御せないなら、そこまでだ──シューマッハー不在の2戦が炙り出したドライバーの実力差
緻密でこそあれ違法ではないやり方/トップチームとしての準備不足──GP Car的B194総括
巨星が突然落ち、新星が輝いた 1994年のF1世界選手権を振り返る/B194全戦リザルト
次号予告/GP Model Story/プレゼント
Epilogue

■見どころ:
Arrows A18 “新しい力”の集結で飛躍した万年中段チームの光と影

■目次:
Prologue Ache of desire
“1番”に偶発参集した志士たち マシンに奇跡的な成長力を授ける──Flash Back
異例だらけのシーズン──Dramatically evolved A18
満身創痍の初陣──後方から始まった旅路
パワーでなく、ハンドリングで勝つために。ヤマハ木村隆昭がF1ラストイヤーを振り返る
A18 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
フラストレーションに苛まれた記憶──フランク・ダーニー インタビュー
“理想的な贈り物”の代償。
希望と失望と──ジョン・バーナード インタビュー
僅差の争いを生む“鉄の掟”──ワイドトレッド集大成。1997年規則と技術トレンド
神様が与えてくれたレース。元ブリヂストン浜島裕英が語るアロウズ・チームの特色と共闘の思い出
A18 Detail File──マシンの細部を探る
本音を言うと、羨ましかった。ライバルの立場から見たヤマハ・エンジンを片山右京が語る
「カーナンバー1」を巡る数奇な運命?──GP Car Column 1
最終ラップで幻と消えた奇跡的勝利──1997年第11戦ハンガリーGP
1年後、98年はマクラーレンに行くつもりだった デイモン・ヒル インタビュー
「ペドロ、元気かい?」──同郷ジャーナリストが振り返るディニスの97年成長劇
造反分子の盗作マシン──GP Car Column 2
人事を尽くして飛躍を成す──トム・ウォーキンショーが辿った道程
バーナードがもたらした“1. 75ポイント”の驚異的な情報──GP Car的『A18』総括
最終戦、衝撃の接触事故で決したビルヌーブvsシューマッハーの激闘 1997年のF1世界選手権を振り返る/A18全戦リザルト
次号予告/プレゼント
Epilogue

■見どころ:
Sauber C12

■目次
Prolog LONE WOLF
謎と期待を漆黒の車体に秘めて 注目度最大級の新参車、発進──Flash Back
「生き残れたことが誇り」── ペーター・ザウバー インタビュー
C12に至るまで── 一時代を築いたザウバーのスポーツカー
驚愕のBLACK──はじまりは刺激的
C12 Variations──レースごとの仕様とモディファイ
理解されなかったF1スタンダード──マイク・ガスコイン インタビュー
テクニカルトレンド1993
黒き新星の初陣──1993年開幕戦南アフリカGP
グループC時代とほぼ同じチームで戦った── ベアト・ツェンダー インタビュー
GP Car Column 1 ──小国のグランプリ興亡史
F1プロジェクト撤回の真実。──ヨッヘン・ニアパッシュ インタビュー
最優先課題は信頼性確保──マリオ・イリエン インタビュー
レース界を陰で支える技術屋集団──イルモア・エンジニアリング ヒストリー
C12 Detail File──マシンの細部を探る
GP Car Column 2 ──愛しのクリスティアーヌ
「経験不足の代価を払わされた」──カール・ベンドリンガー インタビュー
義務なし、課題なし、環境あり。──メルセデス・ジュニア育成プログラム
拭い切れなかった疎外感──J.J.レート メモワール
ザウバーF1参戦25周年を機に思うこと
最後のハイテクマシンによるプロスト/セナ最後の戦い
RCの世界でチャンピオンになったザウバーC12── GP Model Story
次号予告/プレゼント
Epilog

「GP CAR STORY」の作品情報

レーベル
――
出版社
三栄書房
ジャンル
実用 雑誌 シリーズ予約
ページ数
100ページ (GP Car Story Vol.24)
配信開始日
2018年6月14日 (GP Car Story Vol.24)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad