電子書籍 Motor Fan illustrated特別編集 実用

著者: Motor Fan illustrated編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

MFi特別編集F1機械工学大全 あらすじ・内容

世界最高の技術開発の技術開発競争の舞台で、なにが起きているか?
ホンダのいない6年間に、F1はこんなに進化した
F1技術ウォッチャーの第一人者、世良耕太のグランプリトクシュウ人気連載『機械工学大全』を再編集し、書籍化。本書を読めば、ホンダがF1を撤退し2015年に復帰復帰するまでにF1テクノロジーがどこまで進化したか一目瞭然。現代の超ハイテクF1マシンはここまで凄い。
<目次>
はじめに
01 V6パワーユニット編
2014年のパワーユニットを考えてみる・その1
2014年のパワーユニットを考えてみる・その2
ルノーの2014年パワーユニット
ロブ・ホワイトに聞いた2014年パワーユニットの勘どころ
デリケートな制御が求められる協調回生ブレーキ
新旧ターボのレイアウトなどを考えてみる
一気に複雑になった熱交換機について考えてみる
SOCについて考えてみる
2014年のパワーユニットをあらためて考えてみる
エンジンの「音量」と「音質」について考えてみる
02 V8エンジン編
レーシングエンジンのV8と量産V8の違い
エキゾーストブローイングについて考えてみる
過激なエキゾーストブローイング開発
レゾネーターについて考えてみる
エンジンの制御マップについて考えてみる
燃費をきっかけにエンジンを考えてみる
エキゾーストマニフォールドについて考えてみる
オルタネーターについて考えてみる
再導入のKERSについて考えてみる

この作品を共有

「Motor Fan illustrated特別編集」最新刊

■見どころ:
F1テクノロジー考 創造力×技術力×莫大な開発資金が作り出す地上最速で最高に美しい乗りもの、それがF1マシンである。

■目次:
最新トレンド編 2018年型マシン設計上のキーポイント
 2017年シーズンの話題と2021年のパワーユニット
 話題のプレチャンバーについて考えてみる
 ハイマウントアッパーアームについて考えてみる
パワーユニット編 複雑すぎるパワーユニットについて考えてみる
 パワーユニットの開発について整理してみる
 2017年のパワーユニットについて考えてみる
 パワーユニットの構成と役割について整理してみる
 パワーユニットの性能を過去のエンジンと比較してみる
 エンジン/MGU-K/MGU-Hのマネジメントを整理してみる
 パワーユニット開発のキー技術について考えてみる
 イタリアGPの最高速に見る2014年パワーユニットの性能
 パワーユニットは何馬力まで出せるのか
 2016年版テールパイプについて考えてみる
 燃料供給システムについて考えてみる
 可変吸気システムについて考えてみる
 水冷インタークーラーについて考えてみる
 ホンダが開発した2009年のF1ハイブリッドシステム
 HCCIについて考えてみる
空力編 2017年の空力の攻めどころについて考えてみる
 フロントウイングの役割を整理してみる
 バージボードの役割について考えてみる
 コーナリング中に受ける空気の向きについて考えてみる
 空力アイテムは速度や向きによって役割が変わってほしい
 エアロレイクをきっかけに空力開発について考えてみる
 2016年F1日本GPで感じた、ここ数年の空力的進化
ドライブトレーン編 シームレスシフトギヤボックスのメカニズム
 ローンチはドライバーとエンジニアの共同作業
シャシー編 2017年のボディワークについて考えてみる
 メルセデスのロングホイールベース化について考えてみる
 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)について考えてみる
 ステアリングホイールについて考えてみる
 ブレーキシステムの進化について考えてみる
 アライメント調整について
 F1タイヤに求められる特性と構造
 ウェットタイヤについて考えてみる
 ピレリ発表の数字で振り返る2016年シーズン
 マクラーレン今井エンジニアに聞いた2014年型マシンの動き
 マクラーレン・アプライド・テクノロジーズのコンポーネント
 ルノーが提案する2027年のF1から10年後のF1を考える
奥付

「Motor Fan illustrated特別編集」作品一覧

(26冊)

1,111円〜2,600円(+税)

まとめてカート

世界最高の技術開発の技術開発競争の舞台で、なにが起きているか?
ホンダのいない6年間に、F1はこんなに進化した
F1技術ウォッチャーの第一人者、世良耕太のグランプリトクシュウ人気連載『機械工学大全』を再編集し、書籍化。本書を読めば、ホンダがF1を撤退し2015年に復帰復帰するまでにF1テクノロジーがどこまで進化したか一目瞭然。現代の超ハイテクF1マシンはここまで凄い。
<目次>
はじめに
01 V6パワーユニット編
2014年のパワーユニットを考えてみる・その1
2014年のパワーユニットを考えてみる・その2
ルノーの2014年パワーユニット
ロブ・ホワイトに聞いた2014年パワーユニットの勘どころ
デリケートな制御が求められる協調回生ブレーキ
新旧ターボのレイアウトなどを考えてみる
一気に複雑になった熱交換機について考えてみる
SOCについて考えてみる
2014年のパワーユニットをあらためて考えてみる
エンジンの「音量」と「音質」について考えてみる
02 V8エンジン編
レーシングエンジンのV8と量産V8の違い
エキゾーストブローイングについて考えてみる
過激なエキゾーストブローイング開発
レゾネーターについて考えてみる
エンジンの制御マップについて考えてみる
燃費をきっかけにエンジンを考えてみる
エキゾーストマニフォールドについて考えてみる
オルタネーターについて考えてみる
再導入のKERSについて考えてみる

WEC、Le Mans、Super GT、F1の新たなパワーユニットを解説
<目次>
トヨタTS030 HYBRID ハイブリッド・システムの真実
目的は同じ。でも、アプローチは異なる。 トヨタTS030 HYBRID vs アウディR18 e―tron quattro
日産ZEOD RC
United SportsCar Championship Mazda SKYACTIV―D Smart Diesel―powered Racecar
NISMO GT―R 知られざる空力開発
ZFのテクノロジー レーシング・クラッチの開発 6000rpmでの半クラッチに耐える性能
エンジニアの道具箱Special ノルベルト・オーデンタール (ZF レースエンジニアリングCEO)
Pikes Peak International Hill Climb 三菱MiEV Evolution II
Pikes Peak International Hill Climb プジョー208 T16 Pikes Peak
Formula E Spark―Renault SRT_01E
モーターショーで観戦するモータースポーツ
Geo Technology S.A レースに必要な技術とパーツを提供する
F1 「2009年規定」の最終進化形
300勝に貢献したNGKのテクノロジー
F1の空力
2013 F1メカニカル・トレンド
2012年型 F1マシン・アナリシス
2014 エネルギーマネージメント戦争勃発
バックナンバーのご案内&定期購読申込のご案内

よくもわるくも、新型車
<目次>
BMW 3シリーズ
フォルクスワーゲン up!
スバル・フォレスターとXV
クライスラー300とイプシロン
マツダ・アテンザ
フォード・フォーカス
ボルボV40
フォルクスワーゲン・ゴルフ
レクサスIS
ルノー・ルーテシア
メルセデス・ベンツCLA
ホンダ・フィット
BMW4シリーズ
マツダ・アクセラ
ステラ・モデルS
レンジローバー・スポーツ
ジャガー Fタイプ vs BMW Z4
2013年のクルマ販売競争
あとがき
奥付

「Motor Fan illustrated特別編集」の作品情報

レーベル
Motor Fan別冊
出版社
三栄書房
ジャンル
実用
ページ数
200ページ (MFi特別編集F1機械工学大全)
配信開始日
2015年7月7日 (MFi特別編集F1機械工学大全)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad