電子書籍 Motor Fan illustrated特別編集 実用

著者: Motor Fan illustrated編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

MFi特別編集F1機械工学大全 あらすじ・内容

世界最高の技術開発の技術開発競争の舞台で、なにが起きているか?
ホンダのいない6年間に、F1はこんなに進化した
F1技術ウォッチャーの第一人者、世良耕太のグランプリトクシュウ人気連載『機械工学大全』を再編集し、書籍化。本書を読めば、ホンダがF1を撤退し2015年に復帰復帰するまでにF1テクノロジーがどこまで進化したか一目瞭然。現代の超ハイテクF1マシンはここまで凄い。
<目次>
はじめに
01 V6パワーユニット編
2014年のパワーユニットを考えてみる・その1
2014年のパワーユニットを考えてみる・その2
ルノーの2014年パワーユニット
ロブ・ホワイトに聞いた2014年パワーユニットの勘どころ
デリケートな制御が求められる協調回生ブレーキ
新旧ターボのレイアウトなどを考えてみる
一気に複雑になった熱交換機について考えてみる
SOCについて考えてみる
2014年のパワーユニットをあらためて考えてみる
エンジンの「音量」と「音質」について考えてみる
02 V8エンジン編
レーシングエンジンのV8と量産V8の違い
エキゾーストブローイングについて考えてみる
過激なエキゾーストブローイング開発
レゾネーターについて考えてみる
エンジンの制御マップについて考えてみる
燃費をきっかけにエンジンを考えてみる
エキゾーストマニフォールドについて考えてみる
オルタネーターについて考えてみる
再導入のKERSについて考えてみる

この作品を共有

「Motor Fan illustrated特別編集」最新刊

■見どころ:
もはやエンジン駆動は前世紀の遺物……かもしれん

■目次:
トヨタ・プリウスのTHS-Ⅱ「いままでの技術をひとつずつ洗練させ、完成した」
トヨタ・プリウスのプラグインハイブリッド「この気持ち良さに100万円+αを支払う人もおるじゃろう」
アウディのプラグインハイブリッド「走りはかなりええが、回転数はもっと低くてええ」
ホンダのスポーツハイブリッド「ひょっとしたらTHS-Ⅱを超えるかもしれん」
BMWのプラグインハイブリッド「単なる“デュアルパワートレーン”じゃな」
日産のシリーズハイブリッド「思い切って割り切ったんじゃろう」
博士の独白1──日欧のパワートレーン技術戦争
マツダのSKYACTIV-G 1.3「こんなにガソリンがええとは……」
BMWの1.5L直3ターボ「100kWクラスの理想形じゃ」
トヨタの1.2L直4ターボ「天才じゃのうて、秀才じゃあ」
日伊ロードスターの直4エンジン×2「またマツダに一本取られた」
スズキのフルハイブリッド「理想のパワートレーンじゃ」
フォルクスワーゲンの1.0L直3ターボ「苦労を重ねた力作じゃ」
トヨタブランドの1.0L直3ターボ「気持ちよう走れるようになっとる」
ダイハツの660cc直3「軽自動車の660cc制約は撤廃すべきじゃ!」
ホンダの660cc直3ターボ「温故知新でシティターボを見返すべし」
トヨタの燃料電池車「燃料電池が似合うのは、高級車じゃ」
ホンダの燃料電池車「電力が足りんぶんは蓄電池でやればええという発想」
博士の独白2──シリーズハイブリッドの可能性
メルセデスの2.0L直4ディーゼル「新生メルセデスの本番が始まった」
マツダのSKYACTIV-D 2.2「基本はできたけ、熟成しよるんじゃろう」
ジャガーの2.0L直4ディーゼルターボ「ヨーロッパはほとんど同じ技術を入れとる」
アウディのミラーサイクルエンジン「早閉じも遅閉じもミラーサイクルじゃ」
スバルの2.0Lボクサー4「エンジンはエンジン、CVTはCVTで考えとる」
キャデラックの2.0L直4ターボ「アメリカ流のダウンサイジングなんじゃろう」
BMWの2.0L直4ディーゼルターボ「横並びの技術を量産しとるだけ」
トヨタの2.8L直4ディーゼルターボ「最新の技術が全部入っとる」
マツダのSKYACTIV-D 2.2「地球にやさしいのはエンジン車じゃ!」
日産 先代リーフ(後期型)「ちょー気持ちええ」
日産 二代目リーフ「日産はようやった! しかし売れては困る」
フォルクスワーゲンのe-ゴルフ「ようできとるし、気持ちよう走る」
エンジン手帖番外編 e-POWERで北海道を走る
あとがき
奥付

「Motor Fan illustrated特別編集」作品一覧

(31冊)

1,111円〜2,600円(+税)

まとめてカート

世界最高の技術開発の技術開発競争の舞台で、なにが起きているか?
ホンダのいない6年間に、F1はこんなに進化した
F1技術ウォッチャーの第一人者、世良耕太のグランプリトクシュウ人気連載『機械工学大全』を再編集し、書籍化。本書を読めば、ホンダがF1を撤退し2015年に復帰復帰するまでにF1テクノロジーがどこまで進化したか一目瞭然。現代の超ハイテクF1マシンはここまで凄い。
<目次>
はじめに
01 V6パワーユニット編
2014年のパワーユニットを考えてみる・その1
2014年のパワーユニットを考えてみる・その2
ルノーの2014年パワーユニット
ロブ・ホワイトに聞いた2014年パワーユニットの勘どころ
デリケートな制御が求められる協調回生ブレーキ
新旧ターボのレイアウトなどを考えてみる
一気に複雑になった熱交換機について考えてみる
SOCについて考えてみる
2014年のパワーユニットをあらためて考えてみる
エンジンの「音量」と「音質」について考えてみる
02 V8エンジン編
レーシングエンジンのV8と量産V8の違い
エキゾーストブローイングについて考えてみる
過激なエキゾーストブローイング開発
レゾネーターについて考えてみる
エンジンの制御マップについて考えてみる
燃費をきっかけにエンジンを考えてみる
エキゾーストマニフォールドについて考えてみる
オルタネーターについて考えてみる
再導入のKERSについて考えてみる

WEC、Le Mans、Super GT、F1の新たなパワーユニットを解説
<目次>
トヨタTS030 HYBRID ハイブリッド・システムの真実
目的は同じ。でも、アプローチは異なる。 トヨタTS030 HYBRID vs アウディR18 e―tron quattro
日産ZEOD RC
United SportsCar Championship Mazda SKYACTIV―D Smart Diesel―powered Racecar
NISMO GT―R 知られざる空力開発
ZFのテクノロジー レーシング・クラッチの開発 6000rpmでの半クラッチに耐える性能
エンジニアの道具箱Special ノルベルト・オーデンタール (ZF レースエンジニアリングCEO)
Pikes Peak International Hill Climb 三菱MiEV Evolution II
Pikes Peak International Hill Climb プジョー208 T16 Pikes Peak
Formula E Spark―Renault SRT_01E
モーターショーで観戦するモータースポーツ
Geo Technology S.A レースに必要な技術とパーツを提供する
F1 「2009年規定」の最終進化形
300勝に貢献したNGKのテクノロジー
F1の空力
2013 F1メカニカル・トレンド
2012年型 F1マシン・アナリシス
2014 エネルギーマネージメント戦争勃発
バックナンバーのご案内&定期購読申込のご案内

よくもわるくも、新型車
<目次>
BMW 3シリーズ
フォルクスワーゲン up!
スバル・フォレスターとXV
クライスラー300とイプシロン
マツダ・アテンザ
フォード・フォーカス
ボルボV40
フォルクスワーゲン・ゴルフ
レクサスIS
ルノー・ルーテシア
メルセデス・ベンツCLA
ホンダ・フィット
BMW4シリーズ
マツダ・アクセラ
ステラ・モデルS
レンジローバー・スポーツ
ジャガー Fタイプ vs BMW Z4
2013年のクルマ販売競争
あとがき
奥付

「Motor Fan illustrated特別編集」の作品情報

レーベル
Motor Fan別冊
出版社
三栄書房
ジャンル
実用
ページ数
200ページ (MFi特別編集F1機械工学大全)
配信開始日
2015年7月7日 (MFi特別編集F1機械工学大全)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad