電子書籍 DIGGIN' MAGAZINE 実用

著者: DIGGIN'MAGAZINE編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

Diggin’MAGAZINE Vol.2 あらすじ・内容

PHOTOGRAPHERS ISSU
Eeaturing PHOTOGRAPHER Hi―See / Kye Sato / Yoshiro Higai / Kuwaphoto / Tsutomu Endo / Hiroyuki Yamada / Tochi Sato / Hawk Eye /

この作品を共有

「DIGGIN' MAGAZINE」最新刊

「DIGGIN' MAGAZINE」作品一覧

(5冊)

1,111円〜1,204円(+税)

まとめてカート

PHOTOGRAPHERS ISSU
Eeaturing PHOTOGRAPHER Hi―See / Kye Sato / Yoshiro Higai / Kuwaphoto / Tsutomu Endo / Hiroyuki Yamada / Tochi Sato / Hawk Eye /

「ASCENT」とは「登る」という意味。スノーボードは滑り「降り」るもの。自らが望む斜面や地形を滑り降りるために自分の足で登る。至ってシンプルな行為ですが、それは未知の斜面を開拓することでもあり、前人未踏の大冒険でもあり、静粛を求めた自然との対話でもあります。もちろん、ちょっとその辺での気楽な遊びであったりもします。ASCENT ISSUEでは、様々な「登って滑る」ストーリーを通してスノーボーディングの最もピュアな部分へ迫ります。
● HIGHER STORYスノーボーダーJEREMY JONESを筆頭にした壮大な冒険は、映像作品『DEEPER』として2010年に初めて発表され、2012年に続編の『FURTHER』へと続いた。そしてこの秋リリースされる『HIGHER』にて、彼の6年間に及んだ3部作シリーズは完結を迎える。JEREMY JONESのインタビューと共に、『HIGHER』に収められたロケーションのうちアラスカとヒマラヤの冒険をお届けします。
● SPLITBOARD or SNOWSHOE ?
道具のオハナシです。登るために皆さんはどんな道具を使用されてますか?
スプリットボードが市場に多く出回る現在です。それだけニーズがあるということなのでしょう。でも未だにスプリットに対してアレルギーを持っている人もいるのでは?逆にスプリット至上主義な人もいるのでは? 道具は場所や状況によって使い分けることができたら、最上の相棒となる、と思うのです。

TOKYO SNOWBOARDING ISSUE
DIGGIN' MAGAZINE ISSUE 04
TOKYO SNOWBOARDING ISSUE
TOKYO SNOWBOARDING.....
これは東京のスノーボードカルチャーを追うものじゃない。だいたい東京にそれがあるのか? と問えば、今の時代は正直微妙だ。あくまで「東京」を都市・街の象徴と捉え、掘り下げたいのは「TOWN TO COUNTRY」。都市で暮らしなが、全力でプッシュしたスノーボーディグを体現している人や事象に興味は向かう。
朝イチだけ滑って午後から仕事する人。直行・直帰の使い処を熟知した人。家族旅行を貯金と呼ぶ人。谷川岳ピークから滑った2時間後に都内でミーティング……。
ともあれ、スノーボーダーはバランスが肝心だ。

「DIGGIN' MAGAZINE」の作品情報

レーベル
三栄ムック
出版社
三栄書房
ジャンル
実用 登山
ページ数
130ページ (Diggin’MAGAZINE Vol.2)
配信開始日
2015年7月7日 (Diggin’MAGAZINE Vol.2)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad