電子書籍 地球の歩き方_インド 実用

著: 地球の歩き方編集室 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

地球の歩き方 D28 インド 2017-2018 【分冊】 1 北インド あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「インド」編の分冊です。「インド」編4冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 インド』で検索ください。ヒマーラヤから流れ出すガンガーとヤムナーの両大河の流域を中心として、北はヒマーラヤ山脈、西はタール砂漠、南はヴィンディヤ山脈に区切られた広大な地域、北はチベット文化のジャンムー・カシュミール州を含む広大なエリア。タージ・マハル、ガンジス河、マハーラジャ宮殿に歴史ある寺院群。一般的にイメージされる『インド』は、イギリスの植民地支配から現在にいたるまで国の中心であり続ける、この北インドに集まっている。

この作品を共有

「地球の歩き方_インド」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「インド」編の分冊です。「インド」編4冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 インド』で検索ください。デカン高原より南の地域はイスラーム文化の影響をあまり受けず、古代より脈々とドラヴィダ文化の世界が続いてきた。華麗で繊細な感覚をもった生粋のインド文化。バックウオーターの船旅、かつてのヒッピーの聖地ゴアビーチ、バターボールと呼ばれる不思議岩。巨岩都市遺跡のハンピ……。どの観光スポットよりも旅人がすすめるのは南インドの『のんびりした雰囲気』である。『南インドこそ本当のインドの姿だ』とある旅人は言う。

「地球の歩き方_インド」作品一覧

(5冊)

500円〜1,800円(+税)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「インド」編の分冊です。「インド」編4冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 インド』で検索ください。ヒマーラヤから流れ出すガンガーとヤムナーの両大河の流域を中心として、北はヒマーラヤ山脈、西はタール砂漠、南はヴィンディヤ山脈に区切られた広大な地域、北はチベット文化のジャンムー・カシュミール州を含む広大なエリア。タージ・マハル、ガンジス河、マハーラジャ宮殿に歴史ある寺院群。一般的にイメージされる『インド』は、イギリスの植民地支配から現在にいたるまで国の中心であり続ける、この北インドに集まっている。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「インド」編4冊がパックとなった合本です。それぞれ、単品でも販売しています。詳しくは『地球の歩き方 インド』で検索ください。北インドの平野部(デリー、アーグラー など)、砂漠の国ラージャスターン、ヒマーラヤを望む北インドの町、コルカタとブッダ・ガヤー周辺、オディシャ(オリッサ)の海辺、ヒマーラヤに向かって歩く、ムンバイーと石窟寺院(ムンバイー、プネー など)、民族運動発祥の地グジャラート、ベンガル湾に面した東岸部、南インドの内陸部、アラビア海に面した西岸部 などを収録。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「インド」編の分冊です。「インド」編4冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 インド』で検索ください。ヒマーラヤ山脈の東端から、ベンガル湾にいたる平野部を流れるガンガーと、チベットを水源とするブラフマプトラ川の流域と、バングラデシュ北部と国境を接する東部辺境州を含む地域。瀟洒な町並み、思想と文化の発信地であるコルカタ、悟りや入滅などブッダゆかりの地、歩いた道。避暑地ダージリン、チベット文化が色濃く残るスィッキム州。誇り高いベンガル民族が作り出した文化は北インドのそれとは違った文化圏を形成している。

「地球の歩き方_インド」の作品情報

レーベル
地球の歩き方
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
実用 旅行・地域情報 旅・地域情報
ページ数
282ページ (地球の歩き方 D28 インド 2017-2018 【分冊】 1 北インド)
配信開始日
2017年7月8日 (地球の歩き方 D28 インド 2017-2018 【分冊】 1 北インド)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad