電子書籍 ベティ・ニールズ選集 文芸

著者: ベティ・ニールズ  翻訳者: 小林節子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

氷雨降るハーグ あらすじ・内容

唐突なプロポーズ――それは、あまりに悲しい恋の結末。

ロンドンの聖モード病院で働くオクタヴィアはある日、勤勉な仕事ぶりを買われ、出張看護の命令を下された。地中海めぐりのソクラテス号に乗船しろというのだ。船上で彼女は、かつて病院にけが人を運び込んだ男性と再会する。そのとき彼は“必ずまた会う”と自信満々に言い、オクタヴィアの脳裏にその姿を刻みつけたのだった。オランダの医師だという彼とともに船で過ごすうちに、無愛想だが親切な彼にオクタヴィアは心惹かれるようになる。だが航海が終わったとき、彼がもたらした残酷な仕打ち――それは愛のかけらもない、便宜的な結婚の申し出だった!■「君に恋しているふりはできないが」と、ルーカス医師はあまりにむごい言葉とともにプロポーズします。オクタヴィアの返事はいかに……? 伝説のロマンス小説家ベティ・ニールズが描く、心がほっこり温まる珠玉作です。

この作品を共有

「ベティ・ニールズ選集」最新刊

領主の末裔ながら、現在は貧しい暮らしをするクロスビー家。一人娘のレオノーラは若い娘らしい華やかな生活とは無縁で、ばあやと一緒に、家政能力のない両親の世話をしている。あるとき村の老医師が倒れ、新しい医師ガルブレイスがやってきた。先日、みっともなく転んだところを助けてくれた彼との再会に、恥ずかしいような、嬉しいような思いがレオノーラの胸に湧いた。その感情がいったいなんなのか、自分でもわからなかったけれど……。そんなある日、レオノーラがつらい出来事に見舞われて必死に涙をこらえていると、ドクター・ガルブレイスが言った。「誰かの肩にすがって泣きたいときは、いつでも声をかけてくれ」■穏やかな作風で癒やしを与えてくれる無双の作家ベティ・ニールズの名作選をお贈りします。レオノーラの良いときも悪いときも陰から見守っていたドクター・ガルブレイスの大人の包容力がすてきです。
*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・イマージュ版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

「ベティ・ニールズ選集」作品一覧

(20冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

ロンドンの聖モード病院で働くオクタヴィアはある日、勤勉な仕事ぶりを買われ、出張看護の命令を下された。地中海めぐりのソクラテス号に乗船しろというのだ。船上で彼女は、かつて病院にけが人を運び込んだ男性と再会する。そのとき彼は“必ずまた会う”と自信満々に言い、オクタヴィアの脳裏にその姿を刻みつけたのだった。オランダの医師だという彼とともに船で過ごすうちに、無愛想だが親切な彼にオクタヴィアは心惹かれるようになる。だが航海が終わったとき、彼がもたらした残酷な仕打ち――それは愛のかけらもない、便宜的な結婚の申し出だった!■「君に恋しているふりはできないが」と、ルーカス医師はあまりにむごい言葉とともにプロポーズします。オクタヴィアの返事はいかに……? 伝説のロマンス小説家ベティ・ニールズが描く、心がほっこり温まる珠玉作です。

夕暮れの田舎道で、フロリナは高級車に乗った父娘と出会った。背が高くハンサムな男性と、かわいらしい女の子。それからひと月後、父娘は村の屋敷を買い取り、引っ越してきた。病気あがりの父をかかえて生活に追われているフロリナはコックの腕を買われ、その屋敷で働くことになる。週末を田舎でのんびりと過ごす小児科医の主人、サー・ウィリアムのために心をこめて食事をつくる――それが彼女のささやかな喜びになった。雇い主の彼から見れば、フロリナはただのコックにすぎないし、彼は再婚相手も決まっていたのだけれど。■美人で意地悪な婚約者を前にして、フロリナは初めての恋をそっと胸にしまうのでした。けなげに料理を振る舞うヒロインの姿が印象的な、ベティが1987年に上梓した貴重な作品です。

ロージーは祖母の言いつけで旅行のつき添いをすることになった。口やかましい祖母のお供をするのは気が重いが、故郷でもあるスコットランド高地への列車の旅は楽しみだった。ところが旅の途中に立ち寄ったホテルの裏庭で祖母が転んで足首を痛め、二人はやむをえずツアーを抜けてそのホテルにとどまることになる。往診に駆けつけたドクター・キャメロンは医師としての腕や患者の扱いは見事なものだが、その横柄な態度がどうにもロージーには気に入らない。祖母に向けた彼の笑顔はとても魅力的だったけれど……。■無愛想なドクターに、君のことなど眼中にない、という態度を取られてもどかしい思いをするばかりのロージー。それが恋だと気づくには、彼女はあまりに奥手だったのです。ベティ・ニールズの世界が存分に味わえる秀作。

「ベティ・ニールズ選集」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・イマージュ
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
157ページ (氷雨降るハーグ)
配信開始日
2015年7月9日 (氷雨降るハーグ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad