電子書籍 路地裏人生論(朝日新聞出版) 文芸

著者: 平川克美  著者: 高原秀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

路地裏人生論 あらすじ・内容

独立起業家として日米のビジネスの一線で活躍してきた著者が、父親の介護を通じて発見した「衰退という価値」。さまざまな体験や場面から得た教訓や人生哲学の数々を、「低成長時代」の日本の風景とともにつづる名エッセイ。

この作品を共有

「路地裏人生論(朝日新聞出版)」最新刊

独立起業家として日米のビジネスの一線で活躍してきた著者が、父親の介護を通じて発見した「衰退という価値」。さまざまな体験や場面から得た教訓や人生哲学の数々を、「低成長時代」の日本の風景とともにつづる名エッセイ。

「路地裏人生論(朝日新聞出版)」の作品情報

レーベル
朝日新聞出版
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
157ページ (路地裏人生論)
配信開始日
2015年7月13日 (路地裏人生論)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad