電子書籍 見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」 実用

著: 日本地下水学会  著: 井田徹治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」 あらすじ・内容

地球上の水のほとんどは海水である。人類が使用可能な淡水は、大部分が私たちの足下を流れている地下水なのだ。その量は地球上の水の0.66%にすぎない。しかも一度使った地下水は、再び同じ量が涵養されるまでに、長い歳月を要する。この貴重な資源を科学的に見つめながら、水脈の探し方、井戸の掘り方、汚染対策など最新知識も満載の「水」の見方が変わる本。水質が一覧できる「名水百選ガイド」付き! (ブルーバックス・2009年5月刊)

この作品を共有

「見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」」を見ている人にこれもおすすめ

「見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」」最新刊

地球上の水のほとんどは海水である。人類が使用可能な淡水は、大部分が私たちの足下を流れている地下水なのだ。その量は地球上の水の0.66%にすぎない。しかも一度使った地下水は、再び同じ量が涵養されるまでに、長い歳月を要する。この貴重な資源を科学的に見つめながら、水脈の探し方、井戸の掘り方、汚染対策など最新知識も満載の「水」の見方が変わる本。水質が一覧できる「名水百選ガイド」付き! (ブルーバックス・2009年5月刊)

「見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」」の作品情報

レーベル
ブルーバックス
出版社
講談社
ジャンル
実用 学問
ページ数
354ページ (見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」)
配信開始日
2015年7月24日 (見えない巨大水脈 地下水の科学 使えばすぐには戻らない「意外な希少資源」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad