電子書籍 シリーズ・哲学のエッセンス 実用

著: 梅木達郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

サルトル 失われた直接性をもとめて あらすじ・内容

真実にじかに触れることは可能か

私たちが、「本当の自分」に出会いたい、愛する人の心を見極めたいと思うのはなぜなのだろうか。想像上のもの、他者、過去や未来、社会……私たちの周りにあって、意識が直接到達できないものと接近し直観することの可能性を徹底的に考察したサルトル思想の真髄を問い直す。

[内容]
I わたしは世界にじかに接している
II 時間性あるいは自己からの距離
III わたしは他者に到達できない
IV わたしを疎外する歴史と社会
サルトル小伝
読書案内

この作品を共有

「シリーズ・哲学のエッセンス」最新刊

なぜ、「すべて」と「無」が一致するのか?

「私」はかけがえがなく、特異な存在であるがゆえに、消え去り無と化してしまう……。「語ること」と「沈黙」が、「すべて」と「無」が、正反対のものが折り重なる不思議な世界。独我論から私的言語論まで、「私」をめぐる独創的思考の奥深くまで分け入る。


[内容]
序章 不二の法門に入る──補助線として
第一章 独我論──「限界」としての「私」とは何か
第二章 無主体論──独我と無我は一致する
第三章 私的言語論──「ない」ままで「あり」続ける「私」
ウィトゲンシュタイン小伝
読書案内

「シリーズ・哲学のエッセンス」作品一覧

(6冊)

各900円 (+税)

まとめてカート

真実にじかに触れることは可能か

私たちが、「本当の自分」に出会いたい、愛する人の心を見極めたいと思うのはなぜなのだろうか。想像上のもの、他者、過去や未来、社会……私たちの周りにあって、意識が直接到達できないものと接近し直観することの可能性を徹底的に考察したサルトル思想の真髄を問い直す。

[内容]
I わたしは世界にじかに接している
II 時間性あるいは自己からの距離
III わたしは他者に到達できない
IV わたしを疎外する歴史と社会
サルトル小伝
読書案内

君のなかの<純粋持続>を探せ!

日常生活をおおい尽くす<空間的なかさぶた>の下から聞こえてくる<純粋持続>の声。溢れ出るような持続のつぶやきに耳を澄まし、難解なベルクソンの時間論を読み抜き、あらたな解釈の地平を開く。

[内容]
第一章 純粋持続を探せ
『創造的進化』にまつわる間奏曲
第二章 押し寄せる過去と、自由の行方
ベルクソン小伝
読書案内

人間は、生まれて、生んで、死んでゆく。この事実をどう受け止めるか。生物としての人間の運命とは、いかなるものか。生殖の存在論とは何か。90年代に流行したレヴィナス論から離れ、レヴィナスとともに、人生の意味と人生の目的について根底から考え直す。

[内容]
第一章 自分のために生きる
第二章 他者のために生きる
第三章 来るべき他者のために
レヴィナス小伝
読書案内

「シリーズ・哲学のエッセンス」の作品情報

レーベル
――
出版社
NHK出版
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
99ページ (サルトル 失われた直接性をもとめて)
配信開始日
2015年7月25日 (サルトル 失われた直接性をもとめて)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad