電子書籍 電子百鬼夜行 文芸

著: 京極夏彦 

まずは、無料で試し読み

無料サンプルを見る

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューワーで簡単に読書できます

BOOK☆WALKER 無料アプリをダウンロードして読書

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

電子書籍を購入(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

姑獲鳥の夏(2)【電子百鬼夜行】 あらすじ・内容

「私を――たすけてください」。古本屋京極堂にして陰陽師の中禅寺秋彦が刑事の木場、探偵である榎木津を前にして解き明かす久遠寺家の「血」。呪われた真相は卑劣漢・内藤を恐怖のどん底へと叩き込み、文士・関口の自我を根底から揺るがす。そして京極堂はいう。「この世には不思議なことなど何もないのだよ」

この作品を共有

「電子百鬼夜行」最新巻

調査も捜査も推理もしない、天下無敵の薔薇十字探偵、榎木津礼二郎。過去の事件がきっかけで榎木津の“下僕”となった「僕」は、そのせいで別の事件にも巻き込まれてしまう。探偵を陥れようと、張り巡らされた罠。それに対し、榎木津の破天荒な振る舞いが炸裂する!「五徳猫」「雲外鏡」「面霊気」の3篇を収録。

「電子百鬼夜行」作品一覧

(31冊)

477円〜952円(+税)

まとめてカート

「私を――たすけてください」。古本屋京極堂にして陰陽師の中禅寺秋彦が刑事の木場、探偵である榎木津を前にして解き明かす久遠寺家の「血」。呪われた真相は卑劣漢・内藤を恐怖のどん底へと叩き込み、文士・関口の自我を根底から揺るがす。そして京極堂はいう。「この世には不思議なことなど何もないのだよ」

「妖怪」はいずこより来るのか……。人の心は闇にあらねども、揺るぎないはずの世界が乱れたとき、その裂け目から怪しきものが湧き出し、取り憑く。他人の視線を極端に畏れる者、煙に常軌を逸した執着をもつ火消し、「海」を忌む小説家……。日常に潜む恐怖を描いた十作品を収録。

日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ。「加菜子を――死なせはしません」。被害者の姉はきっぱりと言った。その言葉が刑事・木場修太郎を異形の研究所へと導く。中央線武蔵小金井駅で発生した美少女転落事故と連続バラバラ殺人事件に接点はあるのか? 研究所長の美馬坂とは何者か? 深まる謎をよそに加菜子は衆人環視のなか忽然と姿を消した! 百鬼夜行シリーズ第2作。

「電子百鬼夜行」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸 ミステリー ホラー 伝奇 このミステリーがすごい!
ページ数
317ページ (姑獲鳥の夏(2)【電子百鬼夜行】)
配信開始日
2013年5月1日 (姑獲鳥の夏(2)【電子百鬼夜行】)
対応端末
  • PC(Win/Mac)
  • iPhone / iPad
  • Android(スマホ / タブレット)
  • ブラウザビューワー