電子書籍 Think IT Books 実用

著者: 佐藤 司  著者: 冨永 善視  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

Dockerコンテナ実践検証(Think IT Books) あらすじ・内容

基本機能+関連サービスを網羅的に調査、パフォーマンス比較も掲載!

「Docker」は本書執筆時(2014/12-2015/06)にIT技術者の中で特段注目を置かれている技術として名を連ねており、様々な技術者が次世代を担う技術に成長することを期待を込めて情報を追っている現状です。本書では、Dockerとはなにか、Dockerがなぜ注目されているのかといった基本的なことから、運用する上で利便性の高いツール群の紹介、更には他の類似技術との性能比較などの解説も盛り込んでいます。これからDockerを触る方や導入を検討している方、既に触っているがより深く知りたい方にとって一読する価値のある内容となっています。Dockerの情報書としてご活用ください。
第1章 Dockerが注目されている理由を探る
第2章 Dockerをより良く使うための3つの周辺技術
第3章 注目すべきDockerの周辺技術 PanamaxとKubernetes
第4章 Dockerを取り巻く各社の状況を見る
第5章 Docker専用の軽量OS 主要3種を比較する
第6章 ベアメタル環境とDockerコンテナ環境の性能比較
第7章 KubernetesとMesos:Dockerのスケジューリングツールの違いを理解する
第8章 Dockerコンテナのパフォーマンス劣化とチューニング
第9章 DockerとLinux OSのリソース共有状況の調査

この作品を共有

「Think IT Books」最新巻

SoftLayerを知り尽くした日本アイ・ビー・エム社のエンジニアによるSoftLayerを使いこなし実際に運用するためのノウハウが満載の一冊。サーバーストレージネットワークから負荷分散セキュリティ監視認証API活用まで、詳細内容が網羅されています!
本書は、2014年1年間に十数回開催された、SoftLayerビジネスパートナー向けの技術研修セミナー資料と、2014年12月からSoftLayer日本語コミュニティで公開されているSoftLayerの技術文書「技術よりな人が最初に読む柔らか層本」を再編したものです。最新情報はWeb、最新のクラウド・セミナー、有償のSoftLayer セミナーなどで入手してください。ハンズオン資料はイベントなどで個別に実施していた資料をご参考ください。
・第1章 SoftLayer概要・第2章 SoftLayerアーキテクチャ・第3章 サーバー・第4章 ネットワーク・第5章 ストレージ・第6章 セキュリティ・第7章 監視・第8章 API・第9章 サポート・第10章 参照リンク・第11章 無償トライアルのはじめ方

「Think IT Books」作品一覧

(4冊)

1,400円〜2,200円(+税)

まとめてカート

「Docker」は本書執筆時(2014/12-2015/06)にIT技術者の中で特段注目を置かれている技術として名を連ねており、様々な技術者が次世代を担う技術に成長することを期待を込めて情報を追っている現状です。本書では、Dockerとはなにか、Dockerがなぜ注目されているのかといった基本的なことから、運用する上で利便性の高いツール群の紹介、更には他の類似技術との性能比較などの解説も盛り込んでいます。これからDockerを触る方や導入を検討している方、既に触っているがより深く知りたい方にとって一読する価値のある内容となっています。Dockerの情報書としてご活用ください。
第1章 Dockerが注目されている理由を探る
第2章 Dockerをより良く使うための3つの周辺技術
第3章 注目すべきDockerの周辺技術 PanamaxとKubernetes
第4章 Dockerを取り巻く各社の状況を見る
第5章 Docker専用の軽量OS 主要3種を比較する
第6章 ベアメタル環境とDockerコンテナ環境の性能比較
第7章 KubernetesとMesos:Dockerのスケジューリングツールの違いを理解する
第8章 Dockerコンテナのパフォーマンス劣化とチューニング
第9章 DockerとLinux OSのリソース共有状況の調査

Vagrantの開発元として知られるHashiCorpは、DevOps向けのツール群を提供しています。どのツールもシンプルながら開発にも運用にも使え、日々の業務に役立つ便利なものばかりです。本書では、それぞれのツールに対する知識だけでなく、実際に手を動かしながら理解を深めていくことを目指しています。
・第1章 コード化でDevOpsを支えるHashiCorpのツールと開発背景
・第2章 開発環境の構築・共有を簡単にするVagrant
・第3章 マシン・イメージを自動構築し、作業効率を高めるPacker
・第4章 インフラの構成管理を自動化するTerraform
・第5章 自動化・省力化のためのSerf
・第6章 サービス・ディスカバリのためのConsul
・第7章 ツールのまとめと使い方の勘所
・付録 コマンドオプションリファレンス
本書は、インプレスが運営するWebメディア「Think IT」で、「HashiCorpのツール群からみるインフラ構築運用の未来」として連載された技術解説記事を電子書籍およびオンデマンド書籍として再編集したものです。

新しい技術が市場で広く受け入れられるまでには、何段階かのステップを踏みます。国内でもアジャイル開発の事例発表がそこかしこで行われるようになり、市場の認知はすでに十分高まっているようにも見えます。が、「そもそもアジャイルって」と基本的な質問がいまだに多かったりするのが現実です。インターネットに公開された情報や薄手で軽妙洒脱な解説本を参考に、「これでいいのかな?」と疑問を持ちつつ見よう見まねで“アジャイルっぽい開発”をしている中、最近では「エンタープライズ・アジャイル」なる言葉が出てきています。
本書ではエンタープライズ・アジャイルのフレームワークとして代表的な2つ――『スケールド・アジャイル・フレームワーク(SAFe)』と『ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)』に言及していますが、これらの翻訳書はどちらも500ページ前後と、“なかなかヘビーな本”で、ちょっと敷居が高く思われるかもしれません。そこで、あまり大上段に構えずに、「とりあえず手を出してみるためのガイド」として、Think ITでの連載をベースに加筆修正したものが本書です。
本書は、インプレスが運営するWebメディア「Think IT」で、「Agile Managerで始めるエンタープライズ・アジャイル」として連載された技術解説記事を電子書籍およびオンデマンド書籍として再編集したものです。

「Think IT Books」の作品情報

レーベル
Think IT Books
出版社
インプレス
ジャンル
実用
ページ数
132ページ (Dockerコンテナ実践検証(Think IT Books))
配信開始日
2015年7月29日 (Dockerコンテナ実践検証(Think IT Books))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad