電子書籍 覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく(ガブリエラ文庫) ラノベ

著: すずね凜  イラスト: ことね壱花 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく あらすじ・内容

「さあ、言え。私を愛していると」国の災害を憂う皇帝・青龍のため、生贄としてその命を捧げることで余命半年となった睡蓮。呪いの誓約のため愛する青龍にそれを告げることもできず国を去ろうとするが、彼女が心変わりしたと誤解した青龍は、激昂し彼女を監禁してしまう。「その顔、その声、この身体、すべて私のものだ。誰にも渡さない」朝な夕な性具や媚薬で睡蓮を激しく責めたてながらも苦しむ青龍を見かね、睡蓮は彼の自分に関する記憶を消すように呪術師に頼むが!?

この作品を共有

「覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく(ガブリエラ文庫)」最新刊

「さあ、言え。私を愛していると」国の災害を憂う皇帝・青龍のため、生贄としてその命を捧げることで余命半年となった睡蓮。呪いの誓約のため愛する青龍にそれを告げることもできず国を去ろうとするが、彼女が心変わりしたと誤解した青龍は、激昂し彼女を監禁してしまう。「その顔、その声、この身体、すべて私のものだ。誰にも渡さない」朝な夕な性具や媚薬で睡蓮を激しく責めたてながらも苦しむ青龍を見かね、睡蓮は彼の自分に関する記憶を消すように呪術師に頼むが!?

「覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく(ガブリエラ文庫)」の作品情報

レーベル
ガブリエラ文庫
出版社
メディアソフト
ジャンル
ライトノベル 女性向け TL
ページ数
271ページ (覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく)
配信開始日
2015年10月25日 (覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad