電子書籍 レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―(講談社ラノベ文庫) ラノベ

著: 日富美信吾  イラスト: エイチ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界― あらすじ・内容

〈想刻器〉と呼ばれる、死者の怨念が宿ったモノが引き起こす事件が多発する世界――曰く、それは壁の中から現れる。曰く、それは空を飛ぶ。曰く、それは炎でさえも生み出す――。ある特務機関に所属する少年、史賀雪眞は〈想刻器〉に対し大切な家族を奪われた過去がゆえ並々ならぬ激しい憎しみを抱いていた。やがてある事件の中で少女、祈璃を救う。眩しい笑顔の彼女との出会いは、雪眞の心の闇に差し込む光となるのか――!?

この作品を共有

「レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―(講談社ラノベ文庫)」最新巻

〈想刻器〉と呼ばれる、死者の怨念が宿ったモノが引き起こす事件が多発する世界――曰く、それは壁の中から現れる。曰く、それは空を飛ぶ。曰く、それは炎でさえも生み出す――。ある特務機関に所属する少年、史賀雪眞は〈想刻器〉に対し大切な家族を奪われた過去がゆえ並々ならぬ激しい憎しみを抱いていた。やがてある事件の中で少女、祈璃を救う。眩しい笑顔の彼女との出会いは、雪眞の心の闇に差し込む光となるのか――!?

「レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―(講談社ラノベ文庫)」の作品情報

レーベル
講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
230ページ (レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―)
配信開始日
2014年8月15日 (レヴナントガーデン ―愚者たちの踊る世界―)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad