電子書籍 今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(少年マガジンR) マンガ

無料あり
原作: 要マジュロ  漫画: 榊原宗々 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(1) あらすじ・内容

「俺は君を殺したい」――神城卓(かみしろ・たく)の花園魅香(はなぞの・みか)への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する――壮絶なストーリー展開に括目せよ!!

この作品を共有

「今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(少年マガジンR)」作品一覧

(9冊)

0円〜420円(+税)

まとめてカート

どうか私を許さないで。それは、想い人からの突然の告白――。哀哭のダーク・ラブ≒サスペンスは、さらに加速していく。“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状が蔓延しつつある世界。そんな症状に感染してしまった少年・神城卓のストーリーは、最悪の事実で一度、幕を閉じる。あれから1か月――神城は、花園はいったい……

ID感染者で構成された組織・ルーディメントに所属する神城卓は、ついに想い人・花園魅香の行方を知る可能性がある人物へと辿り着く。その者の名は、尾上隆。輝葉高校の生徒であり、学園祭の大虐殺の首謀者の可能性もあるという尾上のいる屋敷へと潜入する。しかし、敵対する組織C・I・Dの林たちもそこに向かっていて……二つの組織の総力戦がいま始まる―――

花園魅香の行方を知るという人物・尾上隆が「輝葉祭事件の真の首謀者」の情報を口にしようとした瞬間、C・I・Dの林による一発の銃弾が彼を貫く。神城は彼女と戦闘を開始するも、連戦の疲労で力尽きてしまう。為す術がない神城に林が発した一言は「私の恋人になってくれませんか?」という告白だった‥‥そして、そんな絶望的な状況下で、ある人物が悲壮なる決意を口にする―――