電子書籍 皆殺し映画通信 実用

著者: 柳下毅一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

皆殺し映画通信 あらすじ・内容

こんな映画、いったい誰が観に行くんだよ!?日本映画76本、タブーなしの公開処刑!!“観るな危険!!”の地雷映画てんこ盛り!

こんな映画、いったい誰が観に行くんだよ!?
日本映画76本、タブーなしの公開処刑!!

“観るな危険!!”の地雷映画てんこ盛り!
殺し屋稼業もラクじゃない!?

日本映画の質の凋落は止まらない。
安易なマンガ原作企画やテレビ局の介入で、
日本映画は瀕死状態。

「ダメ映画をついつい見てしまう病」にかかっている
激辛映画評論家・柳下毅一郎が、日本映画をメッタ斬り!

【収録作品】
『永遠の0』
女房・子供をペット扱い!ちっともいい話じゃない!!

『R100』
松本くん! 「誰にも理解できない」なんて言っちゃいけない

『タイガーマスク』
本年度最貧映画! この映画ほど日本映画の貧困を感じさせられた映画はない

『人類資金』
小学生の考えたマネー資本主義かよ……

『ガッチャマン』
問題は作戦遂行中に痴話喧嘩をはじめてしまうことである

『風立ちぬ』
夢と現実とマザコンとロリコンと兵器と反戦とがひとつとなった快作

『ハダカの美奈子』
なんで一度も脱がないの!? いや別に見たいわけじゃないけどさ!

『陽だまりの彼女』
こんなギャグみたいな話で、延々と別れを語られても困るんだよ

『藁の盾』
中途半端にお金を使ってしまったせいで……

『HK 変態仮面』
おまえら、変態舐めてないか?

『図書館戦争』
超法規的ならなんでも許されると思ったら大間違い!

【特別企画】
皆殺し映画放談 2013日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×松江哲明(ドキュメンタリー監督)

この作品を共有

「皆殺し映画通信」最新巻

いったい誰がこんな映画作ったんだよ!!

行くも修羅、下がるも修羅!!
刺客、柳下毅一郎、涙隠して映画を斬る!!

激辛映画評論家・柳下毅一郎がとことんメッタ斬り!!
日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!!

世界に映画はあふれている。
一般社団法人日本映画製作者連盟の調査によれば
2015年に公開された映画は邦画581本、洋画555本の合計1136本。
毎日三本の映画が公開された勘定だ。
もちろんこれを全部見ている人はいないだろう。
日本映画をすべて見て、その全貌を語れる人間などどこにもいない。(中略)
映画というのはあなたが考えているようなものではない。
それはもっと深く不思議な世界なのである。
映画を見ていれば、こっちの浅知恵をひっくり返すような出会いが
かならずどこかに存在する。思ってもみなかったような映画が存在するのだ。(本書序章より)


【収録作品】

『寄生獣』
映画より先に原作コミックを読んではいけない

『さよなら歌舞伎町』
お遊戯感のただよう少女漫画レベルのメルヘン歌舞伎町ロマン

『ジョーカー・ゲーム』
あのさあ、オレもう「さあゲームのはじまりです」禁止って言ったよね? 何度も何度も言ったよね?

『娚の一生』
エロにも暴力にもトヨエツ一人勝ち。みんなこれを見てトヨエツの恐ろしさを知るといいよ!

『予告犯』
泣かせに入ったとたんに物語が停滞してしまう、日本映画の宿痾。いい話にしようとか考えちゃダメ

『バケモノの子』
すべてを説明しつくしてやる! 最初から最後まで登場人物が自分の心情と行動をすべてをセリフで説明する史上最悪の副音声映画

『図書館戦争 THE LAST MISSION』
ああ、おままごと。「図書隊」はもちろん馬鹿、お話は輪をかけて白痴。馬鹿に完全に包囲された図書館

『劇場版MOZU』
ストーリーはほぼ不明。悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。ほぼ全員が「中学生が考えた悪党」

『きみと見る風景』
こちらは制作総指揮が市長! 無理矢理合併した市には寄って立つべきアイデンティティなど存在しない。ならば映画だ!


……等々、殺しのレビュー50本掲載!!


【特別企画】
皆殺し映画放談 2015日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×モルモット吉田 (映画評論家、ライター)

物議を醸す「皆殺し映画大賞2015」を大発表!!!

「皆殺し映画通信」作品一覧

(3冊)

1,350円〜1,512円(+税)

まとめてカート

こんな映画、いったい誰が観に行くんだよ!?
日本映画76本、タブーなしの公開処刑!!

“観るな危険!!”の地雷映画てんこ盛り!
殺し屋稼業もラクじゃない!?

日本映画の質の凋落は止まらない。
安易なマンガ原作企画やテレビ局の介入で、
日本映画は瀕死状態。

「ダメ映画をついつい見てしまう病」にかかっている
激辛映画評論家・柳下毅一郎が、日本映画をメッタ斬り!

【収録作品】
『永遠の0』
女房・子供をペット扱い!ちっともいい話じゃない!!

『R100』
松本くん! 「誰にも理解できない」なんて言っちゃいけない

『タイガーマスク』
本年度最貧映画! この映画ほど日本映画の貧困を感じさせられた映画はない

『人類資金』
小学生の考えたマネー資本主義かよ……

『ガッチャマン』
問題は作戦遂行中に痴話喧嘩をはじめてしまうことである

『風立ちぬ』
夢と現実とマザコンとロリコンと兵器と反戦とがひとつとなった快作

『ハダカの美奈子』
なんで一度も脱がないの!? いや別に見たいわけじゃないけどさ!

『陽だまりの彼女』
こんなギャグみたいな話で、延々と別れを語られても困るんだよ

『藁の盾』
中途半端にお金を使ってしまったせいで……

『HK 変態仮面』
おまえら、変態舐めてないか?

『図書館戦争』
超法規的ならなんでも許されると思ったら大間違い!

【特別企画】
皆殺し映画放談 2013日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×松江哲明(ドキュメンタリー監督)

馬鹿野郎っ、こんな映画があるのかよ!?
日本列島、スクリーンぶったぎり大爆走!!!

ヤバくて愉快なトンデモ映画が増殖中!!
殺し屋稼業に安息はなし!?

日本映画の質の凋落は止まらない。
安易なマンガ原作企画やテレビ局の介入で、日本映画は瀕死状態。
「ダメ映画をついつい見てしまう病」にかかっている
激辛映画評論家・柳下毅一郎が、日本映画をとことんメッタ斬り!!

日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!!

なぜこんな映画は作られてしまうのか?
商業映画なのだから誰かに見せようと思っているに違いない。
だがいったいどんな客に見せようと思って、こんな映画を作ってしまうのだろう?
そんな疑問を抱かざるを得ない映画が次から次へとあらわれる。(中略)
誰も見ていない、誰も知らない映画には
途方もない映画表現が眠っているかもしれない、と思ってしまうものである。
ひょっとしたらとてつもないアウトサイダーアートのようなものに
―エド・ウッドの映画のようなものに―出会えるかも知れない。
そう思うとどうしてもそういう映画を見たくなってしまうのだ。(本書序章より)


【収録作品】

『渇き。』
中島哲也は刺激の専門家である。単調な刺激の連続というのはひどく退屈なものなのである

『STAND BY ME ドラえもん』
ドラえもんは未来の圧倒的科学力により古代人を蹂躙する神か?

『劇場版テレクラキャノンボール2013』
そこには人生がある。天才AV監督カンパニー松尾、初の劇場作品

『ホットロード』
すべてが内面の中で一体化してゆく……そんなポエムがこの映画のすべて

『黒執事』
また高笑いする悪役……その謎が解かれることは決してなさそうである

『好きっていいなよ』
アニメのダイジェスト総集編を見ているかのようなスピード感

『魔女の宅急便』
飛行の快楽抜きのこの映画はスタジオジブリとはなんの関係もありません

『薔薇色のブー子』
これを日本映画の退廃と言わずしてなんと言えばいいのか

『ワンネス?運命引き寄せの黄金律』
きみはもりけんを知っているか? 年末特番スピリチュアル映画祭り!

……等々、殺しのレビュー50本掲載!!

【特別企画】
皆殺し映画放談 2014日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×古澤健 (映画監督)

物議を醸す「皆殺し映画大賞2014」を大発表!!!

いったい誰がこんな映画作ったんだよ!!

行くも修羅、下がるも修羅!!
刺客、柳下毅一郎、涙隠して映画を斬る!!

激辛映画評論家・柳下毅一郎がとことんメッタ斬り!!
日本映画50本、タブーなき殺しのレビュー!!

世界に映画はあふれている。
一般社団法人日本映画製作者連盟の調査によれば
2015年に公開された映画は邦画581本、洋画555本の合計1136本。
毎日三本の映画が公開された勘定だ。
もちろんこれを全部見ている人はいないだろう。
日本映画をすべて見て、その全貌を語れる人間などどこにもいない。(中略)
映画というのはあなたが考えているようなものではない。
それはもっと深く不思議な世界なのである。
映画を見ていれば、こっちの浅知恵をひっくり返すような出会いが
かならずどこかに存在する。思ってもみなかったような映画が存在するのだ。(本書序章より)


【収録作品】

『寄生獣』
映画より先に原作コミックを読んではいけない

『さよなら歌舞伎町』
お遊戯感のただよう少女漫画レベルのメルヘン歌舞伎町ロマン

『ジョーカー・ゲーム』
あのさあ、オレもう「さあゲームのはじまりです」禁止って言ったよね? 何度も何度も言ったよね?

『娚の一生』
エロにも暴力にもトヨエツ一人勝ち。みんなこれを見てトヨエツの恐ろしさを知るといいよ!

『予告犯』
泣かせに入ったとたんに物語が停滞してしまう、日本映画の宿痾。いい話にしようとか考えちゃダメ

『バケモノの子』
すべてを説明しつくしてやる! 最初から最後まで登場人物が自分の心情と行動をすべてをセリフで説明する史上最悪の副音声映画

『図書館戦争 THE LAST MISSION』
ああ、おままごと。「図書隊」はもちろん馬鹿、お話は輪をかけて白痴。馬鹿に完全に包囲された図書館

『劇場版MOZU』
ストーリーはほぼ不明。悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。ほぼ全員が「中学生が考えた悪党」

『きみと見る風景』
こちらは制作総指揮が市長! 無理矢理合併した市には寄って立つべきアイデンティティなど存在しない。ならば映画だ!


……等々、殺しのレビュー50本掲載!!


【特別企画】
皆殺し映画放談 2015日本映画をメッタ斬り!
柳下毅一郎(映画評論家)×モルモット吉田 (映画評論家、ライター)

物議を醸す「皆殺し映画大賞2015」を大発表!!!

「皆殺し映画通信」の作品情報

レーベル
――
出版社
カンゼン
ジャンル
実用
ページ数
519ページ (皆殺し映画通信)
配信開始日
2015年1月9日 (皆殺し映画通信)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad