電子書籍 トキメキ 図書館(講談社青い鳥文庫) 文芸

著: 服部千春  イラスト: ほおのきソラ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

トキメキ 図書館 PART1 -二人のそらとわたし- あらすじ・内容

小5の夏休み、新しい町に引っ越してきた白石萌は、子犬のソラと散歩中に、同い年の男の子に出会う。犬と同じ名前だという宙(そら)くんは、ムッとしてるかと思えば、急にやさしく接してくれたりして、不思議な感じ。新学期に入って宙と同じクラスになった萌は、宙の過去を知り――。洋館風のステキな図書館、クラスメイトや司書の先生、そして愛犬とともに、萌の新生活がはじまる!

この作品を共有

「トキメキ 図書館(講談社青い鳥文庫)」最新巻

小学校生活も残りわずか。萌は、卒業までに少しでもたくさん図書館に来たいと思っている。そんなある日、萌はわすれた本を取りに教室に戻るとちゅう、となりの2組の教室に女の子の人影があるのに気づく。親友の奈津にそのことを話すと、奈津は「バレンタインの花子さん、じゃないかな。」と言う。それは朝日小学校に伝わる〈怪談〉で、毎年バレンタインの時期になるとあらわれる、女の子の魂だという--。

「トキメキ 図書館(講談社青い鳥文庫)」作品一覧

(14冊)

500円〜550円(+税)

まとめてカート

小5の夏休み、新しい町に引っ越してきた白石萌は、子犬のソラと散歩中に、同い年の男の子に出会う。犬と同じ名前だという宙(そら)くんは、ムッとしてるかと思えば、急にやさしく接してくれたりして、不思議な感じ。新学期に入って宙と同じクラスになった萌は、宙の過去を知り――。洋館風のステキな図書館、クラスメイトや司書の先生、そして愛犬とともに、萌の新生活がはじまる!

ステキな洋館の図書館がある小学校に転入してきた萌。土曜日に開放された図書館で、同じクラスの女の子を見かける。その子、香川成美は、教室に通えずに「図書館登校」をしている子なのだ。萌は絵のじょうずな成美を、写生遠足に誘おうとするけれど……。また、図書館には「開かずの部屋」とよばれる部屋があり、司書のひとみ先生は、なにやら秘密を持っているようで!?

3学期に入って、萌は司書のひとみ先生に、転校してきてからずっと抱えていた秘密を打ち明けた。萌が、二年前に亡くなった宙の双子の兄、海の姿が見えることを聞いたひとみ先生は、図書館の奥から一冊の本を萌に手わたす。『霊能少女サキ』というその本の内容は、驚くほど萌の体験と似ていたのだ。そんなある日、ひとみ先生との秘密の会話を、クラスメイトの奈津に聞かれてしまう。

「トキメキ 図書館(講談社青い鳥文庫)」の作品情報

レーベル
講談社青い鳥文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸 児童文学・童話・絵本
ページ数
185ページ (トキメキ 図書館 PART1 -二人のそらとわたし-)
配信開始日
2015年12月18日 (トキメキ 図書館 PART1 -二人のそらとわたし-)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad